FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ ミニチュア(製品紹介) ミニチュア(配置・撮影)
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

既製品の棚改造(テーブル下補強)

 
扉のとりつけもありますがその中に本を入れるので、重さに耐えられるように机の下を補強することにしました。

 
 
 
余った木材を使うので、ホームセンターでのカットは頼めません。

角材は4面に線を引いて、少し切っては回してを繰り返す方法でなるべく直角になるように切ります。

 
アングルの分の逃げをつくります。

削る方法は精度を出すのが非常に難しいため、削る分を想定して予定のサイズよりも小さいところへ削らない部分を足す方法で削ったようにする方法を用います。

 
補強パーツがそろいました。

 
 
まずは横の柱をセッティングして補強のアングルをつけていきます。下側はT字の補強金具をつけます。

 
 
 
そして上の梁をセッティングして補強のアングルをつけていきます。梁の下側は大きいアングルを使います。

 
横の柱をさらに木ネジで固定します。

 
これで補強が完成いたしました。

 
 
実は机と言っても、既製品に付け足してスタンドデスクにするためのものだったりします。

 
棚を載せて前側を固定します。

 
下側もうまくいきました。

 
実はアングルの逃げをつくったのは、スタッキングボックスとのすきまがきりぎりだったからです。

とりあえずなんとか予定していたものはうまくいきました。

さらに机の上のショーケースとか、まだまだ作りたいものがあるんですが、とりあえずまた歩きにいきます。

つづく。
 
スポンサーサイト



既製品の棚改造(中間棚追加 その3/3 段調整・展示)

 
 
中間棚も仕上げて実際に2段にのせてみました。

下の段まで光がとおりますね。

 
 
 
 
 
高さは10mmごとに11段階で調節することができます。

 
試しに入れてみました。

 
 
 
上のスペースは2段使ってスペースを有効活用することができます。

 
 
下のスペースは今は中間棚はありませんが、穴は開けてあります。

こうしておけば必要になったときにダボを買って中間棚をつくればよいので…。

とりあえずこれで既製品の棚の改造は完了しました。

運用が楽しみです。(^-^)

つづく。
 

既製品の棚改造(中間棚追加 その2/3 ダボ穴加工)

 
最初にダボで受ける方式に決めたのですが、この側面の板は中央に空洞部分があるので、ホコリ除けぎりぎりのところにダボ穴を設けることにしました。

 
背面版を外します。

が、しかし!そのためには配線も天板も一度はずさないといけなかったという…。

扉を付けた時に同時にできればよかったんですけどね…。

 
縦方向の線は10mmの角材10本を使って線を罫書きました。

こうすると結構正確に線を書くことができます。

定規で測りながら正確に線を書くのはかなり時間がかかりますし、これがずれると、段がガタガタになります…。

 
 
横方向の線は定規をあてて書きました。横方向は多少ずれてもなんとかなります。

 
ドリルに深さの目印となるビニールテープを巻き付けます。

ダボの差し込み部分の太さが3mmなので、ドリルは3.2mmで開けました。

ちなみに3mmちょうどのドリルだと、差し込むときに金槌を使わないと差し込めないほどきつくなります…。

位置がずれないようにあらかじめセンタポンチでへこみをつけておきます。

 
中間棚の4角分、上下で、合計88回電動ドリルで穴を開けました。

電動ドリルなしではこの加工は無理ですね…。

 
穴を開けたあと、穴の角部分を面取りカッターで削りました。

後で考えれば、これも電動ドリルを使ったほうが楽だったか…。まあでも削りすぎてしまうということも考えられるのでなんとも言えませんでしたが…。

 
センタポンチでへこみをつけたにも関わらず、穴のあけはじめにズレることがあるため、最初に浅く彫って様子を見た方が、より正確に穴を開けられるかと思います。

実はそのせいか棚を載せた時にちょっとガタつく段もあったのですが、なんとか穴を直すことができました。

 
穴をあけたあとは、背面板と配線を元へ戻しました。

 
軸は3.0mmで穴は3.2mmなので、簡単に手で差し込むことができます。

 
 
ちょっとテスト的に設置してみました。

うまくいきそうですね。(^-^)

つづく。
 

 | HOME |  »

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など