やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ カプセルトイ・食玩
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

烏山駅

 
こちらが、烏山駅の駅舎。

 
 
昔の信号機が飾られています。

 
烏山駅の七福神さまは毘沙門天(びしゃもんてん)です。

 
こちらが駅構内。写真の左側に券売機と窓口があり、右側は待合スペースになっています。

 
こちらが記念撮影用のパネル。
烏山線カラーのキハ40型気動車と七福神さまが勢ぞろい。

 
 
こちらが烏山線のスタンプ。2種類ありました。

 
臨時改札口には、「無事カエル」がいました。

 
寿老人号と毘沙門天号は、88周年記念で国鉄一般色でカラーリングされています。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 
スポンサーサイト

竜門の滝

竜門の滝は那珂川の支流の江川にある滝です。

 
滝駅から10分ほど歩いたところに竜門の滝の入口があります。

 
江川にかかる蛇姫橋を渡ります。

 
 
蛇姫橋を渡って、建物と広場の間の階段を下りていきます。

 
だいたい正面から見た竜門の滝。

 
対岸には竜の絵が描かれています。おそらくタイルか石のアートかと…。

 
かなり先の下流で那珂川に合流します。
この川沿いの道は行けるかどうかちょっとわかりません…。

 
滝の上のほうの川沿い。ちなみのこの道路の先は行き止まり…。

 
 
 
竜の絵と展望スペースの位置がよくわかりました。

とにかく水がきれいで、癒されます…。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

烏山線ウォーク(滝=>烏山)

烏山線の駅
宇都宮=>岡本=>宝積寺=>下野花岡=>仁井田=>鴻野山=>大金=>小塙=>滝=>烏山

 
滝駅を出発して、踏切を渡ります。

 
来た道を戻っていきます。

 
こちらが竜門の滝の入口です。

 
ゆるやかな坂を上っていきます。

 
こちらを右に曲がると、江川のほうに下りていけるようです。

 
踏切を渡ります。

 
線路沿いを烏山方面に向かって歩いて行きます。

 
 
 
道なりに歩いていくと、国道294号線に出てきます。

 
烏山駅入口交差点まで国道294号線を歩いて行きます。

 
烏山駅入口交差点から県道112号線を駅に向かって歩いて行きます。

 
そして終点の烏山に到着。

 
烏山駅の七福神さまは毘沙門天(びしゃもんてん)です。

[カテゴリ別インデックス(ウォークレポート・ウォークマップ)へ]
 

烏山線ウォーク(大金=>滝)

烏山線の駅
宇都宮=>岡本=>宝積寺=>下野花岡=>仁井田=>鴻野山=>大金=>小塙=>滝=>烏山

 
ここを過ぎてちょっと線路から離れたところで列車が上下両方来ました。

待てばよかったんですが、この日(2011/10/08)は車両故障の影響でダイヤが乱れていて、
時刻表が当てにならなかったんですが、お昼ごろには回復していました…。

 
大金駅で上下交換します。転轍機
ランプの下のプレートでどちらに開いているかがわかるようになってます。

 
どっち方面か忘れましたが、気動車が走って行きました。

 
センターラインがある通りに出ます。

 
県道10号線との交差箇所。

 
踏切を渡って、線路沿いの道路を道なりに進みます。

 
 
烏山方面に向かって歩いて行きます。

 
森田方面に歩いて行きます。

 
坂を下って田園地帯を歩いていき行きます。

 
荒川にかかる森田橋を歩いて行きます。

荒川とはいっても、東京湾に流れるあの荒川ではなく、那珂川の支流です。

 
荒川では、釣りをしている人がたくさんいました。何が釣れるんだろう…????
魚は詳しくないので、アユかマスぐらいしか検討がつきませんね…。

 
農道を歩いて行きます。
小塙駅に向かって宇都宮・宝積寺方面に戻るような感じになります。

 
小塙(こばな)駅に到着。

 
小塙駅の七福神さまは恵比寿神(えびすしん)です。

 
駅を出発して烏山方面に向かって歩いて行きます。

 
 
 
踏切を渡って住宅地の坂を上ってい行きます。

 
住宅地を上がっていくと、森の入口があり、ちょっと心配だったんですが行ってみました。

が、しかし!!!!
だんだん狭くなるし、くもの巣が張ってて顔にかかるし、
この先は行き止まりじゃないだろうなと思ってたんですが、
しばらく歩くと、森で作業をしに来ていた軽トラックがいたり、
たくさんの木の杭があったりして、通り抜けられると確信しました。

 
さらにしばらく歩いたら、舗装路に出てきました。

 
少し歩くと左に見えてきたのは山の景色です…。

 
しばらく下り坂を歩くと竜門の滝の入口があります。

 
江川にかかる竜門橋を渡ります。この江川も下流で那珂川に合流します。

 
滝駅に向かってキハ40型気動車が走ってきました。

 
滝駅に到着。

 
滝駅の七福神さまは弁財天(べんざいてん)です。

[滝=>烏山 編につづく]
 

烏山線ウォーク(仁井田=>大金)

烏山線の駅
宇都宮=>岡本=>宝積寺=>下野花岡=>仁井田=>鴻野山=>大金=>小塙=>滝=>烏山

 
県道225号線を那須烏山方面に向かって歩いて行きます。

 
線路の鉄橋の下に川が流れていてシラサギがいたんですが、
撮ろうとしたら、飛んで行ってしまいました…。

 
県道10号線を那須烏山方面に向かって歩いて行きます。

確か右側のもっと線路から離れたところで自動車が通っていたので、
そっちが10号線のバイパスで、おそらくこちらは旧道です。

 
歩道がないので県道から外れて左の道を進みます。

 
再び県道10号線に合流します。

 
県道10号線を那須烏山方面に向かって歩いて行きます。

 
ゆるやかな長い坂を上って行きます。

 
坂の途中で那須烏山市に入ります。

 
烏山方面に向かってキハ40型気動車が走って行きました。

 
鴻野山駅を出発した列車が走って行くのが見えました。

 
鴻野山(こうのやま)駅に到着。
道路とホームに段差がなくて、なんだかホームが県道の歩道のようです…。

 
鴻野山駅の七福神さまは福禄寿(ふくろくじゅ)です。

 
駅を出発して少し行ったところで、県道10号線を離れて踏切を渡ります。

 
線路沿いを烏山方面に向かって歩いていきます。

 
ゴルフ場を通り過ぎて、さらに歩いていき行きます。

 
また烏山方面に向かって気動車が走って行きました。
写ったのは上半分だけになりました…。

 
この少し先で踏切を渡って右側の線路沿いを歩いて行きます。

 
烏山方面に向かって歩いて行きます。

 
宝積寺・宇都宮方面に向かってキハ40型気動車が走って行きました。

 
再び踏切を渡って道なりに歩いて行きます。

 
田園地帯から市街地に入ってきました。

 
 
田野倉交差点で県道10号線に入って、大金駅前交差点で右に進みます。

 
大金(おおがね)駅に到着。お金がいっぱいありそうだ…。(笑)

 
大金駅の七福神さまは大黒天(だいこくてん)です。
「おおぐろてん」じゃありません。(笑)

 
こちらが大金駅のスタンプ。

 
こちらが那須烏山市観光物産センターの建物。西洋のお城風…????

[大金=>滝 編につづく]
 

烏山線ウォーク(宝積寺=>仁井田)

烏山線の駅
宇都宮=>岡本=>宝積寺=>下野花岡=>仁井田=>鴻野山=>大金=>小塙=>滝=>烏山

路線名は鳥山線(とりやません)ではなく、烏山線(からすやません)です。
鳥と烏って字が似てますからね…。(笑)

 
宝積寺駅を出発。

 
天神坂交差点付近。石末交差点まで県道101号線を歩いて行きます。

 
石末交差点で、県道10号線に入ります。那須烏山市街まで19kmです。

 
県道101号線を那須烏山方面に向かって歩いて行きます。

 
途中で県道101号線を離れて、線路に向かって歩いて行きます。
かなり離れたところに線路が通っていて、
宝積寺・宇都宮方面に向かってキハ40型気動車が走って行きました。

 
線路と平行に通っている農道を歩いて行きます。

 
 
踏切を渡って、烏山方面に向かって左側の線路沿いを歩いて行きます。

 
県道181号線を渡ります。

 
下野花岡(しもつけはなおか)駅に到着。

 
下野花岡駅の七福神さまは寿老人(じゅろうじん)です。

下野花岡駅から烏山駅まで、七福神さまがひとりずつ登場しますよ。(*^-^*)

 
斜めに延びる農道を歩いて行きます。

 
突き当りを右に進んで、また線路に近づいて行きます。

 
踏切を渡って、突き当たりの県道225号線を左に進みます。

 
 
県道225号線を仁井田駅に向かって歩いて行きます。

 
仁井田(にいた)駅に到着。
駅舎はありますが、だれもいませんでした。
どうやら特定の時間意外は無人駅のようです…。

 
仁井田駅の七福神さまは布袋尊(ほていそん)です。

 
こちらが仁井田駅のスタンプ。

[仁井田=>大金 編につづく]
 

宝積寺駅

 
宝積寺駅の駅舎。かなり新しいです。

 
 
東口を出たところに「ちょっ蔵広場」があります。

 
斜めに成型された石材を組んで造られています。

 
東西連絡通路と階段の天井は木材で変わった並びで造られています。
アートな感じです。

 
宇都宮方面から211系電車が走ってきました。

 
改札内の天井も同じような感じです。

 
那須塩原・黒磯方面からEF210型に引かれたコンテナ貨物列車が走って行きました。

 
臨時か団体列車の583系寝台特急電車が走って行きました。

 
ホームと列車のプレートの七福神さまのイラストはまったく同じですね。

 
こちらが宝積寺駅の駅スタンプ。
スタンプでは明らかに烏山線のほうが宇都宮線よりもメインですね…。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

東北本線・烏山線ウォーク(岡本=>宝積寺)

東北本線(宇都宮線エリア)の駅
上野=>(鶯谷)=>(日暮里)=>(西日暮里)=>尾久=>(王子)=>(東十条)=>赤羽
=>(川口)=>(西川口)=>(蕨)=>(南浦和)=>{浦和}=>(北浦和)=>(与野)=>{さいたま新都心}=>大宮
=>土呂=>東大宮=>蓮田=>白岡=>新白岡=>久喜=>東鷲宮=>栗橋
=>古河=>野木=>間々田=>小山=>小金井=>自治医大=>石橋=>雀宮=>宇都宮
=>岡本=>宝積寺=>氏家=>蒲須坂=>片岡=>矢板=>野崎=>西那須野=>那須塩原=>黒磯
※( )内は京浜東北線の駅、{ }内は東北本線・京浜東北線の駅

烏山線の駅
宇都宮=>岡本=>宝積寺=>下野花岡=>仁井田=>鴻野山=>大金=>小塙=>滝=>烏山

 
線路沿いを那須塩原・黒磯方面に向かって歩いて行きます。

 
烏山方面に向かってキハ40型が走っていきました。
白地に緑のラインが烏山色、朱色とクリーム色が国鉄一般色です。

 
鬼怒川を渡るため、国道4号線(奥州街道(陸羽街道))に出ます。
そして那須塩原・さくら方面に行きます。

 
ここは東京から115kmのようです。

 
道路の左側に線路が通っています。辺り一面田んぼです。

 
 
国道4号線(奥州街道(陸羽街道))の鬼怒川橋を渡って行きます。

少しはなれた上流側に東北本線・烏山線の線路が通っています。
そうタイミングよく電車が通ってくれないわけで…。

 
川を渡ったところで高根沢町に入ります。

 
国道と線路の立体交差箇所。
やはりそうタイミングよく電車が通ってくれないわけで…。

 
 
国道を離れて、宝積寺駅に向かって歩いて行きます。

 
宝積寺駅に到着。

烏山線はここから東に分かれていきます。

[宝積寺=>氏家 編につづく]

[烏山線ウォーク 宝積寺=>仁井田 編につづく]
  

東北本線・烏山線ウォーク(宇都宮=>岡本)

東北本線(宇都宮線エリア)の駅
上野=>(鶯谷)=>(日暮里)=>(西日暮里)=>尾久=>(王子)=>(東十条)=>赤羽
=>(川口)=>(西川口)=>(蕨)=>(南浦和)=>{浦和}=>(北浦和)=>(与野)=>{さいたま新都心}=>大宮
=>土呂=>東大宮=>蓮田=>白岡=>新白岡=>久喜=>東鷲宮=>栗橋
=>古河=>野木=>間々田=>小山=>小金井=>自治医大=>石橋=>雀宮=>宇都宮
=>岡本=>宝積寺=>氏家=>蒲須坂=>片岡=>矢板=>野崎=>西那須野=>那須塩原=>黒磯
※( )内は京浜東北線の駅、{ }内は東北本線・京浜東北線の駅

烏山線の駅
宇都宮=>岡本=>宝積寺=>下野花岡=>仁井田=>鴻野山=>大金=>小塙=>滝=>烏山

 
長い東西連絡通路を歩いて、東口に行きます。

 
こちらは宇都宮駅東口。

 
宇都宮運転所の正門前を通って行きます。

 
宇都宮方面に向かって211系電車が走っていきました。

 
線路沿いを那須塩原・黒磯方面に向かって歩いて行きます。
貨物列車が走っているんですが、木が高くてコンテナの上しか写りませんね…。

 
那須塩原・黒磯方面に向かって211系電車が走っていきました。

 
線路沿いを離れて県道125号線をさくら・白沢に向かって歩いて行きます。

 
県道を離れて踏切を渡って、
右側の線路沿いを那須塩原・黒磯方面に向かって歩いて行きます。

 
EF65型電気機関車(貨物更新車)に引かれたコンテナ貨物列車。

 
宇都宮方面に向かって211系電車が走っていきました。

 
 
EH500型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車。

 
両毛線直通高崎行きの107系電車が走って行きました。

 
岡本駅に到着。

[岡本=>宝積寺 編につづく]
 

宇都宮運転所

 
車庫線に止まっていた115系の訓練車。

 
機関庫には2台電気機関車が止まっていました。

 
こちらがEF65型電気機関車。国鉄時代から変わらないカラーリング。

 
こちらがEF81型電気機関車。
「パノラマエクスプレスレインボー」というジョイフルとレインにあわせてカラーリングされたので、通称「レインボーカラー」と言われます。

 
EF65型の後方にDE10型ディーゼル機関車が止まっていました。
DE10型は、現在あちこちの車庫で操車するのが主な役割です。

 
駅から宝積寺・矢板方面へ歩いていくと、宇都宮運転所の入口があります。

 
 
 
作業員の方がキハ40の掃除をしていました。

 
キハ40の2編成の間に、DE10型ディーゼル機関車が止まっていました。

駅のロータリー付近から見たDE10型ディーゼル機関車とはまたちがう車両です。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

宇都宮駅(東北・秋田・山形新幹線)

[改札外] [東北本線・烏山線] [日光線] [東北・秋田・山形新幹線]

 
日光線ホームへの階段の手前に新幹線の改札口があります。

新幹線に乗る場合、新幹線と改札外との改札口と、新幹線と在来線改札内との改札口があります。
こちらは、新幹線と在来線改札内との改札口。

 
新幹線の改札内。

 
日光線ホームへ下りる階段のところに、ライオンの彫刻があります。

 
東京行きのE4系新幹線(2代目MAX)がやってきました。

 
 
E4系は山形新幹線「つばさ」のE3系を連結しています。

大宮・上野・東京方面に向かって走っていきました。

 
駅構内には東西連絡通路があります。
本線が6線とそれ以外に車庫線が4~5線あるので結構通路が長いです…。

 
 
ちょっと遠めですが、
東西連絡通路から那須塩原方面を見ると新幹線が見えます。
E4系+E3系「つばさ」の編成。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
  

宇都宮駅(日光線)

[改札外] [東北本線・烏山線] [日光線] [東北・秋田・山形新幹線]

 
 
5番線の日光線だけ、雰囲気がちがいます…。

 
 
階段を下りてホームへ行くと、駅の装飾がレトロな感じです…。明治風????

もしかして、日光駅までのすべて駅でこんなデザインなんでしょうか????
日光線に行ってみたくなりました。(^-^)

 
 
 
こちらが日光線の107系電車。
ホームと同じデザインで更新されています。
日光線は開業120周年のようです。

 
 
階段を上がって戻ってきたら、
駅の窓にグリーンカーテンとしてゴーヤーが育てられていました。

[東北・秋田・山形新幹線 編につづく]
 

宇都宮駅(東北本線・烏山線)

[改札外] [東北本線・烏山線] [日光線] [東北・秋田・山形新幹線]

 
右方面に進むと改札口があります。

 
写真の右側が、新幹線へ直接入る改札口で、左側が在来線の改札口です。

 
 
在来線の改札内の様子。

 
スポレク“エコとちぎ”2011のキャラクター「とちまるくん」の人形があります。

 
こちらが宇都宮駅のスタンプ。改札内にスタンプ台があります。

 
 
こちらが東北本線(宇都宮線)のE231系電車。
上野行きと、湘南新宿ライン横須賀線直通逗子行きがあります。
このE231系はほとんどが宇都宮止まりです。(2011/09/10時点)

E231系の基本編成(1号車~10号車)の4号車と5号車はグリーン車です。

 
ホームにあるこちらの販売機でグリーン券の情報をSuicaなどに記録します。

ちなみに車内でもグリーン券は購入できますが、駅で買ったほうが安いです。
自分の場合、熱海=>山手線内、宇都宮=>大宮をよく使いますが運賃プラス750円で、
当然新幹線よりも時間はかかりますが、1000円ほど安くなります。

距離が長い(だいたい2時間前後、それ以上乗る)場合は普通グリーン車は楽でお得です。
平日は休日よりもっと安いので、通勤時に山の手線内で湘南新宿ラインのグリーン車を見ると、
かなり混んでいて、通路で立ってる方がいるくらいです…。

 
こちらが宇都宮<=>黒磯で主に運行される211系電車。

 
 
ドアの右にボタンがあります。
「ドア」と表示されているときは乗客が手動で開閉します。

これが東京周辺だとまずやる機会がないので、なんか楽しいんですよね…。(笑)

 
こちらはセミクロスシート車。

 
こちらはロングシート車。

5両編成で、5両すべてがセミクロスシート編成かロングシート編成になっています。

 
こちらは烏山線のキハ40型気動車。
2両編成のうちの向こう側の1両は国鉄時代のカラーリング。

 
こちらは両毛線から直通の107系電車。

 
107系電車の場合は、開閉ボタンではなく取っ手に手をかけて開け閉めします。

 
カシオペアカラーのEF510型電気機関車に引かれた、JR北海道の北斗星。
JR北海道の北斗星には、A寝台車や食堂車などにエンブレムがあります。

 
 
上野駅に向かって走っていきました。

 
EF510の側面には「がんばろう日本!がんばろう東北!」のマークが…。

 
こちらは日光線の107系電車。なんかちょっとレトロ風に更新されています。

[日光線 編につづく]
 

宇都宮駅(改札外)

[改札外] [東北本線・烏山線] [日光線] [東北・秋田・山形新幹線]

 
宇都宮駅西口。
階段を上がった上が歩道で、地上がロータリーの2階構造です。

 
ロータリーの一角に、餃子像とブジカエル(無事帰る)像があります。

 
ミロのビーナスが基になっていますね…。
風化のせいかわかりませんが、表面がかなりでこぼこです…。

 
こちらは駅構内。右方面は新幹線と在来線の改札。
正面はみどりの窓口。左方面はお土産店街・餃子小町と東口への連絡通路に行きます。

 
お土産店街の入口。
震災以降、東北方面では「がんばろう、○○」をよく見かけます。
そしてやっぱり「がんばろう、やまざき」…。

 
こちらは餃子小町へ続く、お土産店街の別の入口。

 
餃子小町の入口で宇都宮餃子会のゆるキャラ「つつむくん」がお出迎えです。
宇都宮方面では「来らっせ」と言うんですかね…????

 
こちらが餃子小町。
餃子メインでいろいろメニューがあります。中華系がメインだったと思います。

[東北本線・烏山線 編につづく]
  

ウォーキングマップ更新(西新井大師西=>見沼代親水公園)

また歩いてきました。


より大きな地図で 東京都交通局路線沿線ウォーキング を表示

日暮里・舎人ライナー(西新井大師西=>見沼代親水公園) 距離:約 3.86 km(GoogleMapより)


東武大師線を歩いて、西新井大師へ参拝してから、西新井大師西駅へ向かいました。

日暮里・舎人ライナーだけではなく、舎人公園と見沼代親水公園へも寄りました。

舎人公園駅近くの舎人公園は縦横に広いので、地図上でよくわかるんですが、

見沼代親水公園駅近くの見沼代親水公園は細長いため、
どこが公園なのか地図上ではよくわかららず、
今回実際に行ってみて、やっとその正体がわかりました…。
公園跡かと思ったら、ちゃんと公園が存在しましたね…。

しかし、見沼代親水公園の往復はかなり疲れました…。
それと、暗くなってきてしまったため、
もうひとつあった神領堀親水緑道は入口だけ撮影しただけになりました…。

日暮里・舎人ライナーに乗って日暮里駅まで行って、
山手線に乗っているときに、都電花電車の夜の運行のことを思い出し、
大塚駅で下車して見てみることにしました。

一応大塚駅で降りてみて、改札内から外の様子を見たら、
カメラを構えている人を数人見かけたので、改札を出てみたら、
ちょうど大塚駅前電停を出発して外へ出てきました。

ダメモトで行ってみたんですが、
先週と同様に大塚駅で時間ぴったりだったのは驚きでした…。


夜の花電車はきれいにライトアップされていました。
ライトアップされるとは思っていたんですが、こんなにきれいだとは…。

ちょっと出てきたところで停止しててくれたので、ブレずに撮れました。
コンパクトデジカメでは、ちょっとでも動くと線状の光になってしまいます…。

それから急いで東池袋四丁目電停まで行き、
早稲田電停で折り返してきた花電車も撮ることができました。

…って、昨日もかなりもりだくさんな半日(午後から始めたので…)となりました…。

ではまた。
 

ウォーキングマップ更新(西新井=>大師前)

また歩いてきました。


より大きな地図で 東武鉄道沿線ウォーキング を表示

東武大師線(西新井=>大師前) 距離:約 1.25 kmm(GoogleMapより)


土曜日が雨のため、今日行ってきました。

日暮里・舎人ライナーの前に、
東武大師線を歩いて西新井大師へ参拝して、
西新井大師西駅まで行こうと思いました。

諸々用事があったので、出かけたのが11時過ぎになり、
大師前に到着したのが13時過ぎだったんですが、

何やら音楽が聞こえたので、無名の演歌歌手の方かなあなんて思っていたら、
なんと、現(2011/10/16時点)・水戸黄門役の里見浩太朗さんの
ライブが催されていました。

 
こちらがその様子。(里見さんの撮影はNGなので、このくらい遠巻きで…。)

西新井大師光明殿の階段で歌っておられたんですが、
勉強不足で知らなかったのですが、歌も歌われるんですね…。

いろいろあって大師線を歩きながらちょっと気分が沈んでいたんですが、
子供のころ見た(本放送と再放送の両方かな)あの時代劇スターを
かなり間近で見られるなんて機会はそうそうないので、
なんかすごく得した気分になりました。

やはり集まっていたファンの方々の年齢層が高かったんですが、
若い人のライブの人ごみの中にいるより居心地がよかった自分って…。

と、考えると自分も歳をとったんでしょうが、
沿線ウォーキングはまだまだやりたいので、
そう簡単に老けるわけにはいかんと思うのであります!!!!

ただ、さすがに里見さんのライブ終了までいてしまうと、
時間が遅くなってしまうため、途中で抜けてお寺を参拝して、
西新井大師を後にして、西新井大師西駅へ向かいました。

つづく。
 

都営交通100周年記念花電車(大塚駅前・向原)

[宮ノ前・荒川車庫前] [大塚駅前・向原] [大塚駅前・東池袋四丁目]

 
大塚駅に到着して、改札口からロータリーに出て、大塚駅前電停のほうに行くと、
ちょうど停車していました。

 
 
 
発車して、ロータリーに沿って走って行きました。

 
線路沿いを歩いて、向原電停のある向原交差点まで行きました。

 
 
 
 
 
 
そして、早稲田電停で折り返してくる花電車を待つ間に、何本か練習で撮影しました。
同じ形式でも、広告のラッピングの内容がちがったり、色違いがあったり、
とてもバリエーションに富んでいます。

 
 
いい場所かと思ったんですが、花電車が近づくと、ご覧の通りで、
電停が人だらけで、純粋に車両だけを撮れないんですね~。(笑)

 
電停を出発して道路の信号待ち。

 
やっと理想的な1枚が撮れました。b(^-^)

 
箱にホールのケーキが入っているというデザインで、
とってもおいしそうな電車です。

「100th」と書いてあるボードは、ケーキに乗ってるチョコレートですね。
周りの人形は砂糖を固めたお菓子といったところでしょうか…。

 
花電車は、坂を下って大塚駅前電停を過ぎて、また荒川車庫へ戻っていきました。

[東池袋四丁目 編につづく]

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

都営交通100周年記念花電車(宮ノ前・荒川車庫前)

[宮ノ前・荒川車庫前] [大塚駅前・向原] [大塚駅前・東池袋四丁目]

 
日暮里・舎人ライナーの日暮里駅にあった、
都営交通100周年記念の花電車のポスター。

 
熊野前電停(熊野前駅)に、14:00ちょっと前に到着しました。
そこから荒川車庫方面へ歩いて行きました。

 
宮ノ前電停を過ぎたところでスタンバイして、
普通の車両でちょっとだけ練習。

 
 
そして、14:00に荒川車庫を出発した花電車がやってきました。

 
あともう少し。ズームアウトしてスタンバイ。

 
が、しかし!!!! ワゴンに入られた…。
まあ、背の高い荷台の10トントラックよりはましですが…。

 
 
 
追いかけてみましたが、やはり追いつけないので、ズームインで追いかけました。
そりゃあ普通の電車よりは遅いし、信号待ちもしますが、人の足よりは速いです…。

 
 
また練習を兼ねて、花電車が来るまで何本か撮影。
都電もいろんな形式がありますね…。

 
また三ノ輪橋電停で折り返してきた花電車がやってきました。

 
手前の信号でストップ。細部まで撮るチャンスだったんですが、
近くまで行って動き出されてうまく撮れなかったらイタイので、
ちょっとだけ近づいて撮って戻りました。

 
今度も見事に原付に入られました…。
というか、この道の構造で信号待ちから一斉に動けば、
どうしても前に入られる確率は高いですよね…。

そして花電車を警視庁のパトカーが護衛!?!?
じゃなくて、おそらく花電車目当てで駐車する車を取り締まってたと思います…。

ん?そう考えると、やっぱりある種の護衛かな!?!?

 
荒川車庫に行ってみました。
荒川線が混んでいる感じだったので、荒川車庫まではもちろん歩きです。

ここは荒川遊園地電停で、線路の向こうのピンク色のゲートが荒川遊園地のゲートです。

 
 
荒川車庫周辺は、ものすごい人の数です…。

 
 
こっちから、うまく人ごみに入って写すことができました。

花電車は15:20から早稲田方面に行きます。

 
荒川車庫を離れて、JR尾久駅へ向かって歩きました。
線路沿いに出たら211系電車が走ってきました。

 
尾久駅の下り線の向こうに止まっていた写真の車両は、
ジョイフルトレイン「サロンエクスプレス東京」のスロフ14-701です。

ちなみにここはJRの尾久車両センターで、
近くに田端運転所や、新幹線の車庫があるというウハウハな場所なんですが、
その誘惑に負けずに大塚駅(大塚駅前電停)へ移動しました。

[大塚駅前・向原 編につづく]

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

東海道本線ウォーク(草薙=>静岡)

JR東海道本線(JR東海エリア 熱海<=>浜松)の駅
熱海=>(梅園前交差点)=>(県道11号線・20号線分岐点)=>函南=>三島=>沼津=>片浜=>原=>東田子の浦=>吉原=>富士=>富士川=>新蒲原=>蒲原=>由比=>興津=>清水=>草薙=>東静岡=>静岡=>安倍川=>用宗=>焼津=>西焼津=>藤枝=>六合=>島田=>金谷=>(倉沢踏切)=>菊川=>掛川=>(東名高速道路交差箇所)=>愛野=>袋井=>磐田=>豊田町=>天竜川=>浜松

 
線路沿いを静岡方面に向かって歩いて行きます。
保線車両が止まっていました。

 
県道201号線にかかる、歩道・自転車専用の橋を渡ります。

 
313系電車が静岡方面に向かって走って行きました。

 
清水方面に向かって211系電車が走って行きました。

 
踏切を渡って静岡方面に向かって新幹線沿いを歩いていくと、
高架がだんだん下がってきます。
しかし塀が高いので、同じ高さでもまず車両は撮れません…。

 
東海道線、東海道新幹線にかかる陸橋の歩行者用階段から。
静岡清水線も東海道線、東海道新幹線をまたぎます。

 
700系新幹線が東京方面に向かって走っていきました。
ちょっと先頭が欠けたのが惜しいところですが、
これ以外ここでのほかの写真は先頭を撮れませんでした…。

 
静岡清水線のガーター橋をくぐります。

 
新清水方面に向かって1000系電車が走っていきました。

 
県道74号線をくぐります。

 
NTTDoCoMoの基地局が見えてきました。
2010年にあの付近に1/1ガンダムが展示されていました。

 
「こだまして ひかり輝く のぞみ号」
東海道新幹線の名前をつかって作られた川柳が、
工事用の塀に描かれていました。

 
東静岡駅に到着。

 
駅の連絡通路を通って反対側にいきます。

 
新幹線が地上を走るので、上から写真を撮ることができます。

 
駅付近の道路の歩道。めちゃくちゃ幅が広いです…。
この幅だけで、普通に車道と両脇に歩道が造れそうです…。

 
線路沿いを静岡駅に向かって歩いて行きます。

 
線路付近の道を歩いていき、東海道線と東海道新幹線をくぐって、
国道1号線(東海道)に出ます。

 
春日町1丁目交差点。この付近に静岡清水線の春日町駅があります。

 
ここが、東京からだいだい180kmのところのようです。

 
2両編成の211系の回送電車が車庫線内で動いていました。

 
そして、静岡駅に到着。

ここまでで、東海道本線(東海エリア)ウォークは一度休止します。
つづきは来年か、再来年か…。
まあ、そのうち名古屋駅までは行ってみたいものですね。(^-^)

[静岡=>安倍川 編 につづく]
 

東海道本線ウォーク(清水=>草薙)

JR東海道本線(JR東海エリア 熱海<=>浜松)の駅
熱海=>(梅園前交差点)=>(県道11号線・20号線分岐点)=>函南=>三島=>沼津=>片浜=>原=>東田子の浦=>吉原=>富士=>富士川=>新蒲原=>蒲原=>由比=>興津=>清水=>草薙=>東静岡=>静岡=>安倍川=>用宗=>焼津=>西焼津=>藤枝=>六合=>島田=>金谷=>(倉沢踏切)=>菊川=>掛川=>(東名高速道路交差箇所)=>愛野=>袋井=>磐田=>豊田町=>天竜川=>浜松

 
商店街のアーケードの中を通ります。

 
アーケードを抜けて線路沿いを歩きます。

 
商店街を通ります。

 
鉄橋を渡って静岡方面に向かう313系電車。

 
東海道線のさらに下流側に静岡鉄道静岡清水線の鉄橋があります。

 
静岡方面に向かって歩いて行きます。

 
県道197号線を渡ります。

 
さらに静岡方面に向かって歩いて行きます。
遠くに東海道線と静岡清水線の踏切が見えてきました。

 
新清水方面に向かう静岡鉄道1000系電車。
タイミングが遅くて、前面が入りませんでした。ちょっとミスショットですね…。6(^-^;;;;)

 
 
清水方面に向かってEF210型に牽引されたコンテナ貨物列車が走っていきました。

 

静岡方面に向かって歩いて行きます。

 

静岡清水線の踏切を渡ります。

 

東海道線沿いを静岡方面に向かって歩いて行きます。

 

東海道線と静岡清水線の間に平行に通る道を歩きます。

 

東海道線の踏切を渡って、東海道新幹線をくぐりります。

 

新幹線の高架沿いを静岡方面に向かって歩いていきます。

 

東海道新幹線をくぐって、東海道線の踏切を渡ります。
清水方面に向かって211系電車が走っていきました。

 

再び東海道線と静岡清水線の間に平行に通る道を歩きます。

 

草薙駅に到着。静岡鉄道静岡清水線の駅も近くにあります。

 
 
 

駅のロータリーの一角には「考える犬」の像があります。
組んだ足の上に、3円が置いて(お供え????)してありました。(笑)

[草薙=>静岡 編につづく]
 

東海道本線ウォーク(興津=>清水)

JR東海道本線(JR東海エリア 熱海<=>浜松)の駅
熱海=>(梅園前交差点)=>(県道11号線・20号線分岐点)=>函南=>三島=>沼津=>片浜=>原=>東田子の浦=>吉原=>富士=>富士川=>新蒲原=>蒲原=>由比=>興津=>清水=>草薙=>東静岡=>静岡=>安倍川=>用宗=>焼津=>西焼津=>藤枝=>六合=>島田=>金谷=>(倉沢踏切)=>菊川=>掛川=>(東名高速道路交差箇所)=>愛野=>袋井=>磐田=>豊田町=>天竜川=>浜松

 
線路沿いを清水駅に向かって歩いて行きます。
興津駅に向かって313系電車が走ってきました。

 
静岡方面に向かって211系と313系の6両編成が走っていきました。

 
富士・三島方面に向かって211系電車が走ってきました。

 
また富士・三島方面に向かって211系電車が走ってきました。

 
線路沿いを離れて、国道1号線(東海道)に出ると、旧家があります。

 
国道1号線(東海道)を静岡方面に向かって歩いて行きます。

 
国道1号線(静清バイパス)をくぐります。

 
踏切を渡ってそのまま線路沿いから離れていきます。

 
遊歩道を歩いて行きます。
こちらは静岡鉄道の袖師横砂線の跡です。

 
護岸の石垣がちょっと違うところが、
昔に袖師横砂線の鉄橋がかかっていたと思われます。

この橋が落ちてしまったことも、廃線の一因のようです。

 
国道1号線の橋を渡ります。橋の向こうには新幹線が通っています。

 
橋の上から川を見ると、遠くに東海道線の鉄橋があり、
袖師横砂線の鉄橋は、その手前にかかっていたんですね…。

 
東海道線の線路沿いの遊歩道を歩きます。

 
富士・三島方面に向かって、211系電車が走っていきました。

 
静岡方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
富士・三島方面に向かって、
EF210型に牽引されたコンテナ貨物列車が走っていきました。

 
線路沿いを離れて国道1号線(東海道)に出ます。東京から169kmのようです…。

 
もうすぐ清水駅です。

 
清水駅に到着。

 
階段には東海道五十三次で清水周辺の宿場町の図が、
階段の壁には清水出身の漫画家さくらももこさんの絵が描かれています。

清水の宿場の名前は「江尻宿」なんですね…。

[清水=>草薙 編につづく]
 

ウォーキングマップ更新(日暮里=>西新井大師西)…など

また歩いてきました。


より大きな地図で 東京都交通局路線沿線ウォーキング を表示

日暮里・舎人ライナー(日暮里=>西新井大師西) 距離:約 6.16 km(GoogleMapより)


 
こちらが日暮里・舎人ライナー日暮里駅に貼ってあった、
都電荒川線100周年記念花電車運行のポスター。

やはり11時過ぎに日暮里からでは、
昼食を入れて14時前に見沼代親水公園までは行けませんでしたね…。

見沼代親水公園が地図上でどんな感じかよくわからないし、
舎人公園は広そうだし、東武大師線と西新井大師もあるので、
14:00から花電車を撮るなら早朝から行ってもよかったくらいですが、
昨日は烏山線ウォークの疲れが残っていて、
とても今日は早朝から攻める体力がなかったですね…。6(_ _;;;;)


西新井大師西駅で13:40くらいだったので、
都電荒川線100周年記念の花電車を撮りに、都電荒川線との乗換駅の熊野前駅へ戻りました。

 
14:00に荒川車庫前から出発して三ノ輪橋方面へやってくる電車を待ちました。

 
宮ノ前電停のあたりで往復を撮影して、それから荒川車庫まで歩いて行きました。

車庫に戻った花電車を撮影してから、歩いてJR尾久駅に向かいました。

 
尾久駅から東北本線・高崎線で上野駅まで行き、山手線で大塚駅に行きました。

尾久駅に止まっていた写真の車両は、
ジョイフルトレイン「サロンエクスプレス東京」のスロフ14-701です。
今まで鉄道模型でしか見たことがない車両です。

荒川線は混んでいてすぐに乗れそうな感じではなく、
荒川車庫から15:20に早稲田方面へ出発するまでに10分もなかったので、
荒川線以外で移動するしかなかったんですが、ぎりぎり間に合いましたね…。

 
改札口を出たら、ちょうど大塚駅前電停で停車していました。

大塚駅前電停からロータリーのところは人が多くて満足に全身を撮れなかったんですが、
そこから向原電停へ行き、戻ってきた花電車を撮影して、池袋駅まで歩きました。


あと、16日、23日、30日と3回撮影のチャンスがあります。

そして、これから撮る方々へのアドバイスですが、
電停で停車したりするのと、道路の信号待ちをすることがあるので、
そのときは全身だけじゃなく、細部まで写真を撮るチャンスです。

ただ、追っかけられるところは追っかけてもいいんですが、
走ってぶつかって怪我したりさせたりしないように気をつけましょう。

…って、なんだかどっちがメインだかよくわかりませんが、今日はこんな1日でした…。

ではまた。
 

ウォーキングマップ更新(宝積寺=>烏山)

また歩いてきました。


より大きな地図で JR沿線ウォーキング_東日本05 を表示

烏山線(宝積寺=>烏山) 距離:約 24.96 km(GoogleMapより)

 
久しぶりに、おにきりやサンドイッチ以外のものを食べました。

2パックありますが1食分です。ちょっと多めですが、
歩く距離を考えると朝はこのくらい食べておかないと…。

 
栗橋駅を発車して、利根川の上流のほうに熱気球が飛んでいるのが見えました。

走る列車内から何度も撮ったんですがほとんどがボツで、
1枚だけまともに撮れました。

写真は2つだけですが、もっとたくさんの気球が飛んでいました。

 
宇都宮駅から宝積寺駅に向かって走っていると、
上野行きの寝台特急「北斗星」がやってきました。

ちなみに自分が乗ったこの電車は主に両毛線を走る107系電車です。
この電車は黒磯駅へ行ってから、
折り返して小山駅へ戻りさらに高崎駅まで戻ります。


宇都宮線黒磯駅到達から、1ヶ月ほど茨城方面に行っていたんですが、
久しぶりに栃木方面に行ってきました。

からっとした晴れの天気で、歩いていて気持ちがいいですね。

こういうときは歩きやすいので、30km前後まで行きやすいんですが、
最近、昼食を摂る場所、準備等、予測が外れることが多く、
タイミングよくまともな昼食が摂れないことが多いですね…。

それで後半スタミナ不足に陥って、最後はくたくたでなんとか到達って感じです…。

そのあたりまだまだ修行が足りない感じですね…。6(^-^;;;;)


明日、都電の花電車を撮りに行きますが、
できれば、花電車の運行前に日暮里・舎人ライナーを歩いて来たいと思います。

ではまた。
 

東海道本線ウォーク(由比=>興津)

JR東海道本線(JR東海エリア 熱海<=>浜松)の駅
熱海=>(梅園前交差点)=>(県道11号線・20号線分岐点)=>函南=>三島=>沼津=>片浜=>原=>東田子の浦=>吉原=>富士=>富士川=>新蒲原=>蒲原=>由比=>興津=>清水=>草薙=>東静岡=>静岡=>安倍川=>用宗=>焼津=>西焼津=>藤枝=>六合=>島田=>金谷=>(倉沢踏切)=>菊川=>掛川=>(東名高速道路交差箇所)=>愛野=>袋井=>磐田=>豊田町=>天竜川=>浜松

 
県道370号線(由比桜えび通り)を興津駅に向かって歩いて行きます。

 
国道1号線に合流します。
右側に薩た峠(た…土へんに垂)への入口があります。

 
海のはるか向こうに伊豆半島が見えます。

 
薩た峠(た…土へんに垂)への入口から、旧道のほうへ入ります。

 
由比駅を過ぎたところにも旧家があります。
こちらは小池邸。時間が早すぎて、開いていません…。

 
こちらは由比宿東海道灯かりの博物館。
こちらも時間が早すぎて、開いていません…。

 
薩た峠(た…土へんに垂)方面に進みます。

 
東名高速道路由比PA(下り線)が見えます。
手前の東海道線にはEF66型に引っ張られたコンテナ貨物車が通貨していきました。

 
左のほうへ進んで坂を下ります。

 
東海道線の踏切を渡って、国道1号線も渡ります。

 
国道1号線を渡ったところ。211系電車が静岡方面に走って行きました。

 
左側は東名高速道路です。

 
 
EF210型に牽引されたコンテナ貨物列車。東京方面に向かって橋って行きました。

 
東名高速道路由比PA(上り線)の駐車場が見えます。

 
富士・三島方面に向かって313系電車が走ってきたので写真を撮ったら、
見事にトラックに阻まれました…。

313系の前面がほんのちょっとだけ見えているのが逆におもしろいです。
交通量が多いので、タイミングが悪いとこんなことになります…。

 
ここは東京から161.5kmのようです。

 
国道1号線の歩道がなくなりますが、
代わりに歩行者・自転車専用道(堤防の上????)があります。

 
東名高速道路をくぐります。

 
歩行者・自転車専用道(堤防の上????)を歩いて行きます。

 
静岡方面に向かって313系と211系の6両編成が走っていきました。

 
三保の松原で有名な三保の半島が見えます。

 
興津川を渡ります。

 
国道1号線(静清バイパス)をくぐって、国道1号線(東海道)に行きます。

 
国道1号線(東海道)を興津駅に向かって歩いて行きます。

 
興津駅に到着。

[興津=>清水 編につづく]
 

由比本陣公園・東海道広重美術館

 
由比宿に由比本陣公園・東海道広重美術館があります。

 
入ってすぐのところに中庭があります。

 
こちらは東海道由比塾交流館。木造のようです。

 
こちらは、撮影用のプレート。

 
こちらが東海道広重美術館。

 
こちらが本陣記念館御幸亭。

 
 
御幸亭のそばに池があり、金色のコイが泳いでいました。

 
後ろのほうにあるのが由比本陣の松。静岡券指定の天然記念物です。

 
 
御幸亭の手前側に休憩スペースがあります。

 
休憩スペースから見た東海道由比塾交流館。

 
 
門を入って左側に、時の鐘のやぐらがあります。

 
こちらからも休憩スペースに行くことができます。

 
 
道路に面した塀のところには溝があってそこに水が流れていて、
カメが甲羅干しをしてました。

何も仕切りがなく触れてしまうんですが、そっとしておいてあげてくださいね。(^-^)

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
  

東海道本線ウォーク(新蒲原=>由比)

JR東海道本線(JR東海エリア 熱海<=>浜松)の駅
熱海=>(梅園前交差点)=>(県道11号線・20号線分岐点)=>函南=>三島=>沼津=>片浜=>原=>東田子の浦=>吉原=>富士=>富士川=>新蒲原=>蒲原=>由比=>興津=>清水=>草薙=>東静岡=>静岡=>安倍川=>用宗=>焼津=>西焼津=>藤枝=>六合=>島田=>金谷=>(倉沢踏切)=>菊川=>掛川=>(東名高速道路交差箇所)=>愛野=>袋井=>磐田=>豊田町=>天竜川=>浜松

 
線路沿いを蒲原駅に向かって歩いて行きます。

 
EF200型に引っ張られるコンテナ貨物列車。わりと編成が短かったですね…。

 
海沿いの道に出てきました。
左の高架は国道1号線で、防潮堤があって、海は見えません…。

 
再び線路沿いを蒲原駅に向かって歩いて行きます。

 
踏切を渡って、反対側の線路沿いを蒲原駅に向かって歩いて行きます。

 
静岡方面に373系電車が走っていきました。蒲原駅は通過です。

 
蒲原駅に到着。

 
県道396号線(東海道)を歩いていきます。

 
東名高速道路をくぐります。

 
県道396号線(東海道)を離れて、由比宿のほうへ向かいます。

 
由比宿を通ります。旧東海道の宿場のひとつです。
ところどころ古い建物が残っています。

 
由比宿に由比本陣公園・東海道広重美術館があります。

 
由比川橋を渡ります。

 
歩道には木材が使われています。

 
由比川橋の上から。
手前から、東海道線、国道1号線、東名高速道路になります。

 
211系電車が通りましたが、ちょっとミスショット…。

 
橋のガードに取り付けられていたプレート。
どうやら安藤広重の作品のようです。

 
県道370号線(由比桜えび通り)を由比駅に向かって歩いて行きます。

 
駅が近くなると、県道370号線は線路沿いを通ります。

 
由比駅ロータリーの手前に由比桜えび通りの門があります。

 
由比駅に到着。

[由比=>興津 編につづく]
 

富士川橋

静岡県道396号線(東海道)の橋が富士川橋です。

東西で交流電気(家庭用コンセントの電気)の周波数が、
この富士川の東西で分かれています。

 
歩道は富士川の上流側だけにあります。

 
こちらが富士川。自分が思っていた以上に川幅が広いです…。

 
川の東側から1/3渡ったところ。橋の終わりがまだ見えません。

 
上流には東名高速道路が通っています。
写真左は静岡方面、右は東京方面です。

 
 
下流には東海道線が通っています。

東海道線は直流なので関係ありませんが、さらに下流を通る東海道新幹線は、
東側(写真左側)は交流50Hz、西側(写真右側)は交流60Hzに分かれます。

 
川の東側から2/3渡ったところ。長いですね…。

 
魚が遡上する場所。川の東西両端にあります。
シラサギがいるのは魚をねらっているからでしょうか????

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

東海道本線ウォーク(富士=>新蒲原)

JR東海道本線(JR東海エリア 熱海<=>浜松)の駅
熱海=>(梅園前交差点)=>(県道11号線・20号線分岐点)=>函南=>三島=>沼津=>片浜=>原=>東田子の浦=>吉原=>富士=>富士川=>新蒲原=>蒲原=>由比=>興津=>清水=>草薙=>東静岡=>静岡=>安倍川=>用宗=>焼津=>西焼津=>藤枝=>六合=>島田=>金谷=>(倉沢踏切)=>菊川=>掛川=>(東名高速道路交差箇所)=>愛野=>袋井=>磐田=>豊田町=>天竜川=>浜松

 
駅の通路を通って反対側へ行きます。

 
富士川を目指して歩いて行きます。

 
身延線のガードをくぐります。
全線単線かと思ったら、富士駅から富士宮駅まで複線です。

 
四丁河原交差点で、県道396号線(東海道)に合流します。

 
富士川まで3km、静岡まで36kmですね…。

 
富士川橋が見えてきました。渡ったらそのまま県道396号線(東海道)に進みます。

 
富士川の下流側に歩道がないので、上流側に来ました。

 
県道396号線(東海道)を静岡方面に歩いて行きます。

 
線路沿いを富士川駅に向かって歩いて行きます。

 
313系と211系の6両編成が静岡方面に向かって走ってきました。

 
富士川駅に到着。

 
駅近くの公園で見たキウイフルーツの石の彫刻。
ちょっと壊れていたの残念でしたが、本当にキウイフルーツに見えました。

 
駅を出発して、線路沿いを新蒲原駅に向かって歩いて行きます。

 
313系電車が静岡方面に向かって走ってきました。

 
線路沿いを新蒲原駅に向かって歩いて行きます。
ほぼ直角方向で東海道線の線路が東海道新幹線の高架をくぐります。

 
さらに線路沿いを新蒲原駅に向かって歩いて行きます。

 
313系電車が静岡方面に向かって走ってきました。
ちょっと植物がかぶってしまいました…。

 
工場からの太いパイプが山の斜面まで伸びています。

 
新蒲原駅に到着。

 
ロータリーの中央にさくら丸という船が静態保存されています。

[新蒲原=>由比 編につづく]
 

東海道本線ウォーク(吉原=>富士)

JR東海道本線(JR東海エリア 熱海<=>浜松)の駅
熱海=>(梅園前交差点)=>(県道11号線・20号線分岐点)=>函南=>三島=>沼津=>片浜=>原=>東田子の浦=>吉原=>富士=>富士川=>新蒲原=>蒲原=>由比=>興津=>清水=>草薙=>東静岡=>静岡=>安倍川=>用宗=>焼津=>西焼津=>藤枝=>六合=>島田=>金谷=>(倉沢踏切)=>菊川=>掛川=>(東名高速道路交差箇所)=>愛野=>袋井=>磐田=>豊田町=>天竜川=>浜松

 
 
駅のそばの公園(空き地????)から見た岳南鉄道の吉原駅。
電車は止まっていませんでした。

 
211系電車と313系電車の6両編成が富士・静岡方面に向かって走っていきました。

 
田子の浦港の物流センターが並ぶ産業道路を歩いて行きます。

 
岳南鉄道の7000形電車が吉原駅に向かって走っていきました。

 
運河を渡ります。水道橋の向こう側に線路が通っています。

 
ちょっと遠いですが、産業道路の陸橋から吉原駅のほうを見ると、
岳南鉄道が内陸のほうへ曲がっていくのが見えます。

 
さらに産業道路を歩いて、国道1号線(富士由比バイパス)をくぐります。

 
潤井川の橋の上から。
熱海・三島方面に向かってN700系(たぶん)が走っていきました。

 
東海道線の線路方面に歩いて行きます。

 
踏切を渡ります。

 
蓼原大橋北交差点に出るまで歩いていきます。
道沿いの小川の水がきれいです…。

 
蓼原大橋を歩いて、線路を渡ります。

 
線路沿いの道へ降りる歩行者自転車用の階段を下りていきます。

 
昔の線路を撤去しないまま、その内側に詰所が建てられています。

 
211系電車と313系電車の6両編成が富士駅にやってきました。

 
 
 
道路近くの線路には、ワム380000型貨物車が止まっていました。

 
富士駅に到着。

[富士=>新蒲原 編につづく]
 

ウォーキングマップ更新(赤塚=>勝田)

また歩いてきました。


より大きな地図で JR沿線ウォーキング_東日本02 を表示

常磐線(赤塚=>勝田) 距離:約 15.12 km(GoogleMapより)


宇都宮線もそうですが、常磐線を北へ歩くうちに、
墓地の古い墓石が倒れていたり、古い塀や建物の外壁が崩れるなど、
揺れに弱い石の類のものがダメージを受けていて、
それらが手付かずの状態の場所を見る回数が増えていることに気がつきました…。

それと、今日行った偕楽園は、好文亭をはじめ線路沿いのエリアが修復作業中でした。
完全復活の予定はだいたい2012年2月末で、約1年かかると思われます…。

来年の園内の梅のシーズンにあわせて修復を完了させるということもあるんですが、
それはつまり、ちょうど梅のシーズンにあの巨大地震が起きてしまい、
観光どころではなくなったということです…。

石といえば、隣の常盤神社の参道の階段のゆがみと、
両脇の石灯籠の倒壊はショックでしたね…。


一応、高萩駅まで行くことを予定していますが、
勝田駅から先は、線路が海沿いの場所もあるので、
余震の情報に気をつけて行こうと思います…。
 

 | HOME |  »

アイコン製作&管理

名前:やまざき

名前:やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2011-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など

FC2Ad

まとめ