やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ カプセルトイ・食玩
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

東海道本線ウォーク(三河塩津=>三ヶ根)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
線路沿いを歩いて行きます。

 
蒲郡・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
吉良吉田方面に向かって電車が走っていきました。跨線橋で見た電車と同じです。

三河塩津駅(蒲郡競艇場前駅)から、JRは丘の方面へ名鉄蒲郡線は海沿いほ方面へ線路が通っています。

 
線路近くの農道を歩いて行きます。

 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
国道23号線に合流します。

 
 
国道23号線を歩いて行きます。

 
知多半島の沖にある中部国際空港が近いせいか、飛行機雲をよく見かけます。

蒲郡は渥美半島と知多半島の間にあります。

 
県道41号線の高架下を歩いて線路沿いへ出たら、線路沿いを三ヶ根駅に向かって歩いて行きます。

 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
踏切を渡って左側の線路沿いへ行きます。

 
 
蒲郡・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。こちらは快速電車ですね。

 
三ヶ根(さんがね)駅に到着

 
蒲郡・豊橋方面に向かって311系電車が走っていきました。こちらは普通電車ですね。

[三ヶ根=>相見 編 につづく]
 
スポンサーサイト

いなりずし

 

姉が買ってきてくれたいなりずし。長いですが、味はふつうのいなりずしです。(笑)

そしていなりずしを乗せたお皿は、ウィッジウッドのワイルドベリー。
このお皿に乗せてあるのを見ると、一瞬エクレアかと思ってしまいます…。

食べ物とお皿がぜんぜん合っていませんね…。(笑)

ちなみに自分は数秒で気がついて止めてなんとか無事のようでしたが、このお皿に限らず縁が金属のお皿をレンジへ入れてしまうと、ギラギラ光って金属がハゲてしまうはずなのでご注意を…。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(蒲郡=>三河塩津)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
蒲郡駅のロータリーにはヨットが飾られています。

 
ロータリーから信号渡って県道370号線を海の方を目指して歩いて行きます。

 
郵便局前交差点のところで右方面に進みます。

 
生命の海科学館には海の景色のタイルアートがあります。

 
歩いていくと、左側の低い壁面に出入口以外は途切れなくずっと絵が描かれています。

近所の小学校の子供たちが描いたと思われます。

 
ふと右側を見たらSLが…。ちょっと寄って見てみました。

 
SLがあるのは蒲郡市博物館です。たぶん開いていたのでやっていたとは思うのですが、だれもいない感じで…。

 
市民会館西交差点で右方面に進んで汐見橋交差点で左方面に進みます。

 
国道23号線を歩いて歩道橋のある交差点で右方面に進んで線路沿いのほうへ行きます。

 
円柱形の郵便ポストを見つけました。古いタイプですが改めて色を塗りなおされたりしているようです。
このタイプのほうが味があっていいですね。(^-^)

 
東海道線をくぐって名古屋・岐阜方面に向かって右側の線路沿いを歩いて行きます。

 
落合川があるためちょっと迂回します。

 
名古屋・岐阜方面に向かって、EF64型電気機関車に引かれたレール運搬貨物列車が走っていきました。
できれば三河塩津駅の跨線橋の上から撮りたかったですね…。

 
右側の線路沿いを歩いて行きます。日陰はラクです…。(笑)

 
尺地川と国道247号線を渡るため、太陽の当たる左側の線路沿いに出ます…。
ちなみに名鉄蒲郡線が東海道線の隣を通っています。

 
国道23号線につながる幹線道路を渡るために迂回します。

 
蟹洗交差点から、国道23号線方面に蒲郡競艇場の入口が見えました。

 
国道247号線を渡ったらまた線路沿いへ戻ります。

 
左へカーブしていたのと、太陽の動きで、右側の線路沿いから日陰がなくなってしまいました…。

 
住宅街を抜けると、もうすぐ駅です。

 
三河塩津駅に到着。ちなみに名鉄蒲郡線の駅名は「蒲郡競艇場前」といいます。

 
跨線橋で休憩をしていたら、蒲郡駅に向かって蒲郡線の赤い普通電車が走っていきました。

 
 
名古屋・岐阜方面に向かってEF210型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車が走っていきました。

[三河塩津=>三ヶ根 編 につづく]
 

落花生

おとなりさんの落花生を、うちの物置でねずみがせっせと蓄えていた話をしましたが、

 
おとなりさんから、生の落花生をいただきました。生だと結構ずっしりと重たいです…。

ゆで方を聞いてメモしておいておいたんですが、母にはさっぱり伝わらず、結局もう一度聞きに行っていました…。

普段料理しないのがバレバレです…。6(^-^;;;;)

 
一粒が結構大きいです。これが乾燥すると柿ピーに入っているサイズになるのかと思いきや、どうも大きな粒の品種のようです。


夜もほったらかしで干していたせいで、うちの物置にねずみが蓄えていたということで謝っておられたのですが、ねずみが入って蓄えられる隙間を空けていたうちも間抜けだったわけでして…。6(_ _;;;;)

ともかく、ご近所のつながりは大事ですね。(^-^)

つづく。
 

蒲郡駅

 
こちらは北口。JR東海道線のホームはこちら側にあります。

 
こちらが東海道線の改札口。

 

こちらが駅スタンプ。かなり摩耗していました…。

 
こちらは南口。名鉄蒲郡線のホームはこちら側にあります。

 
名鉄蒲郡線は蒲郡駅が終点です。

 
南口ロータリーの中心にはヨットが飾られています。

 
こちらが名鉄蒲郡線の改札口。

 
名古屋・岐阜方面のホームエンドから。北側がJRで南側が名鉄のホームです。

 
 
豊橋方面のホームに311系電車が到着しました。

 
名古屋・岐阜方面のホームにも311系電車が到着していました。

 
 
名古屋・岐阜方面に向かって発車しました。

 
 
 
 
名鉄蒲郡線の6000系電車がホームに到着しました。

 
 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が発車しました。

 
 
 
豊橋方面のホームに313系電車が到着しました。

 
 
 
吉良吉田方面に向かって6000系電車が発車しました。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

パイナップルワイン

 
 

以前、姉が沖縄旅行のお土産で買って来てくれたパイナップルワインを開けました。

この前にもパイナップルワインを買ってきたことがあって、そのときはすっぱいばかりでおいしくなかったから、母が全部自分にあげるといっていたんですが、このワインはもらってから3年くらい経っていたせいか味がまろやかになっていて飲みやすかったので、1/3ほどの残った分は結局母が飲むことに…。(笑)

まあ、姉も母のために買ってきたと思うし、自分は自分で勝手に買ってくればいいだけなので、別にいいんですが、それにしても家で晩酌をしなくなりました…。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(三河三谷=>蒲郡)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
線路近くの細い道を歩いて行きます。

 
東海道線をくぐります。ここは歩行者専用の通路もあります。

 
名古屋・岐阜方面に右側の線路沿いを歩いて行きます。

 
東海道線のガードくぐって、名古屋・岐阜方面に左側の線路沿いを歩いて行きます。

 
西田川を渡ります。

 
黒くて首の長い水鳥(「鵜」かな????)がいました。

 
川の上流に向かって線路に近づいていきます。

 
鳥を撮ろうと思ったら飛び立ってしまいました…。なかなか撮れないもんですね…。コイも泳いでいました。

 
線路沿いを歩いて行きます。

 
国道473号線(三河湾オレンジロード)を渡るためにちょっと迂回するのですが、こんな押しボタン信号のカバーがありました。これはタヌキ????

 
さらに線路沿いを歩いて行きます。

 
駅の少し手前で東海道線をくぐります。

 
蒲郡駅に到着。名鉄蒲郡線の終点でもあります。

[蒲郡=>三河塩津 編 につづく]
 

ねずみのくらし

 
最近ねずみが雨戸のところにふんをしていくので、ねずみよけのものを置いています。

毒を盛ってその場で死なれると諸々いやなので、逃げてもらいます。

 
そして母が物置を掃除していたら、なぜか落花生がありました…。お隣さんが家庭菜園で栽培した落花生を洗って干していたものを、ちょっとずつ蓄えていたようです。時期は秋なので、これから冬に備えての蓄えをしていたのかなあと…。ねずみも必死ですね…。

自分も有利な労働条件で働くことができず現役世代晩年の秋にさほどたくわえられそうになく、老後という冬が「厳冬」になりそうで、これを片付けるのは心情的にあまりおもしろくはないんですが、かといって住み着かれても困るので片付けました…。

こんなことをしてしまったら、もう「ねずみの恩返し」はないなって思います…。
それどころか「ねずみのお礼参り」が来ないか心配です…。6(_ _;;;;)

とまあ、こんな痕跡を見ていろいろ思うのであります…。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(三河大塚=>三河三谷)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
 
新幹線が見えるほうに行くと行き止まりです…。ただ、そこにアサガオが咲いていました。

歩いていくうちに梅雨時の花から夏の花になってきました。

 
 
坂を上がって線路沿いの細い道を歩いて行きます。

 
静岡・東京方面に向かって700系新幹線電車が走って行きました。

 
新幹線をまたいだら坂を下っていきます。

 
遠くにラグーナ蒲郡の観覧車が見えます。

 
 
線路近くの道路を歩いて行きます。

 
 
十能交差点から国道247号線を歩いて行きます。蒲郡市街まで4km、岡崎市まで24kmですか…。

 
しばらくずっと上り坂で、ひとつ丘を越えます。

 
このあたりが頂上でここからは下っていきます。

 
東海道線をくぐります。

 
三谷町伊与戸交差点で、県道371号線(市役所通り)を歩いて行きます。蒲郡市役所の「市役所通り」ですね。あまり標識と出会えなかったんですが、豊橋市から豊川市を経て蒲郡市へ入ったようです。

 
空き地の角にブルベリーの実がなっていました。

 
市役所通りから線路沿いへ出ます。

 
豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
踏切を渡ったらまた警報機が鳴って、名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

どちらも快速運転だったと思います。

 
ホームに311系電車が止まっていました。こちらはだいたい30分に1本の各駅停車です。

 
豊橋方面に向かって走っていきました。

 
三河三谷(みかわみや)駅に到着。

[三河三谷=>蒲郡 編 につづく]
 

電車がエコなのはわかってるけど

 
東京メトロ銀座線の1000系電車を使った電車の省エネ広告がありました。

 
 
車内のLED照明(蛍光灯よりも電力が1/8、寿命が4倍…さらに改良されているかも)
操舵台車(おそらくカーブでも常にレールに対して真っ直ぐに近くなるように車軸が可動する)
省エネモーター(小さい電力で大きな力を生む)
電力回生ブレーキ(列車の位置エネルギーや運動エネルギーを電気エネルギーに変換する)
アルミボディ(確かアルミは鉄の1/3ほどの比重)
が1000系電車の特徴のようです。

鉄道のみの比較であれば車両を新しいものに変えると省エネになります。
本数が多い路線はエコロジーかつエコノミーになります。

ただ鉄道以外のものも含めて考えると、たとえば鉄道は貨物輸送のわずか1パーセントほどなんだとか…。大量の原材料・燃料系の液体や固体以外コンテナが貨物の主流で、ターミナルでトラックに載せかえるようにしていたり、コンテナ乗せ換えによって1両ずつの連結開放作業をなくしたり、2軸からボギー台車にして1両を長くしてさらに高速走行を可能にしたりと努力はしているんですけどね…。それに同じ重量を運搬するなら、トラック輸送の1/10のエネルギーなんですけどね…。それでもトラック輸送に勝てない…。

全体のエコロジーへの道はまだまだでしょうね…。
ただ、このちょっとずつ改善していくことが大事なんですね…。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(愛知御津=>三河大塚)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。
ちなみに駅のロータリーからこの踏切までが県道501号線です。

 
豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
県道31号線の陸橋をくぐります。

 
御津川を渡ります。

 
御津川の水は結構きれいですね…。

 
少し線路から離れます。

 
 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
農道を歩いて行きます。

 
 
豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
 
名古屋・岐阜方面に向かってFE66型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車が走っていきました。

 
県道372号線を踏切に向かって歩いて行きます。

 
 
豊橋方面に向かってFE200型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車が走っていきました。

 
道なりに県道372号線を歩いて行きます。

 
紫川もやっぱり水がきれいです。

 
 
つきあたりを右方面(県道372号線ではないほう)に進みます。

 
東海道新幹線の高架をくぐります。

 
花が咲いています。ひまわりが小さくなったような花ですね…。

「黄色い花」で検索して画像は出てきます。
ただその画像と名称の紐付けをしたサイトがなかなか見つかりません…。
結局ネットは画像から言葉を導き出すことには、まったく使えません!!!!

 
大塚駅前交差点で右方面に行くと駅があります。

 
また東海道新幹線の高架をくぐります。

 
三河大塚駅に到着。

[三河大塚=>三河三谷 編 につづく]
 

列車・車両アップロード(JR 205系、EF81)

またアップロードしました。

最新アップロードの詳細はこちら
http://yamatetsu.sakura.ne.jp/

 

 

今回は JR 205系、EF81電気機関車です。

あと、沿線ウォーキングのブログのほうのリストを更新しておきました。だいぶ内容が古かったですね…。
http://yamatetsu.blog53.fc2.com/blog-entry-239.html

まだまだ単調なアップロードばかりですみませんが、引き続き沿線ウォークレポートを書きながら、少しずつアップしていきます。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(西小坂井=>愛知御津)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
駅前から県道384号線を目指して歩いて行きます。

 
県道384号線を歩いて行きます。

 
踏切を渡ってさらに歩いて行きます。

 
国道23号線(豊橋バイパス)をくぐります。

 
線路のほうに向かって川沿いを歩いていきます。

 
 
農道を歩いて行きます。

 
名古屋・岐阜方面に向かってEF200型に引かれたコンテナ貨物列車が走っていきました。

 
名古屋・岐阜方面に向かって117系電車のジョイフルトレインらしき改造車が走って行きました。

たぶん回送です。そして新所原駅で浜松方面に回送されるこの電車を見たんですが、撮り損ねました…。

 
中間でドアが開いた状態になっているのがちょっと気になるところです…。

 
豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
 
川を渡ります。このあたりは小さな川と橋が多いです…。

 
ちょっと中途半端な写真ですが、313系電車が走っていました。

 
 
駅までになん度も線路をくぐりました…。地図を見ながらジグザグ歩行は結構きついです…。

 
愛知御津(あいちみと)駅に到着。

[愛知御津=>三河大塚 編 につづく]
 

 
こちらは栗ごはん。
両親が鬼皮(硬い殻みたいな皮)と渋皮(鬼皮と実の間の皮)を剥いている間に自分は皿洗いをしていました…。

 
あまった栗はゆでて包丁で切り目を入れて、半分ずつスプーンをつっこんで食べました。

栗がおいしい季節です。b(^-^)

つづく。
 

東海道本線ウォーク((下地)=>西小坂井)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
東海道線、飯田線、名鉄名古屋本線をくぐると東海道新幹線の鉄橋が見えます。

 
後ろで電車の音がして振り返ると、名古屋・岐阜方面に向かう311系電車と豊橋駅に向かう313系電車が鉄橋の上ですれちがっていました。

 
 
線路近くの道路を歩いて行きます。

 
 
田園地帯を歩いて行きます。

 
遠くで新幹線が走っているのが見えるんですが、ズームなしで撮るとこんな感じです…。

 
JR飯田線・名鉄名古屋本線の豊橋方面の線路だけが大きく分かれています。

 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
豊川方水路の土手に上がります。

 
名古屋・岐阜方面に向かって名鉄の電車が走っていきました。

遠くて判別がきびしいです…。

 
豊橋駅に向かって213系電車が走っていきました。

 
橋を渡ったら、土手を下ります。

 
県道385号線(小坂井バイパス)をくぐります。

よく見ると歩道橋が高架につながっていないし自分が歩いている道路をまたいでるのですが、この歩道橋はパターゴルフ場が道路で分断されているためにそこを行き来するためのものなんですね…。

 
東海道線の線路をくぐります。

 
名古屋・岐阜方面に向かって名鉄の電車が走って行きました。

 
農道を歩いて行きます。

 
名古屋・岐阜方面に向かって右側の線路沿いを歩いて行きます。

 
踏切を横切ります。

 
西小坂井駅に到着。

[西小坂井=>愛知御津 編 につづく]
 

 
両親が柿を買ってきてくれました。

 
皮を剥いて、8等分に切り分けました。

柿がおいしい季節です。b(^-^)

つづく。
 

東海道本線ウォーク(豊橋=>(下地))

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
 
県道393号線(大橋通り)を歩いて行きます。

 
守下交差点で歩道橋を渡った向こう側は県道496号線になります。

 
「豊橋」で「豊川」を渡ります。どちらも市の名前になっています。

 
豊川はかなり大きな川ですね…。

 
 
県道387号線(東海道)を歩いて行きます。

 
こちらは豊川稲荷の遥拝所の石碑。

 
下地交差点で387号線(東海道から)川の土手に上がります。

 
豊川方面に向かって飯田線の213系電車が走っていきました。211系と同じ前面ですが2扉車です。

 
名古屋方面に向かって名鉄の電車が走っていきました。6両編成のうち豊橋寄りの2両編成が特急の座席になっています…。

 
豊橋駅に向かって名鉄の電車が走っていきました。こちらも6両編成のうち豊橋寄りの2両編成が特急の座席になっています…。

 
飯田線の下地駅に到着。

東海道線とJR飯田線・名鉄名古屋本線は複線、複線で通っています。

JR飯田線・名鉄名古屋本線は線路を共有しています。

[{下地}=>西小坂井 編 につづく]
 

秋刀魚

 
家で塩焼き。2回食べました。

 
家で煮付け。といっても自分は最初で最後のひとつ。(笑)

 
定食屋さんで塩焼き。昼食休憩の短時間で骨をとりのぞいて食べるのは大変でした…。

 
こちらはすし屋さんで秋刀魚のにぎり。しょうがが上にのっています。

秋刀魚がおいしい季節です。b(^-^)

つづく。
 

豊橋駅(東海道線・東海道新幹線・豊橋鉄道 新豊橋駅)

[改札外・豊橋鉄道 駅前電停] [飯田線・名鉄 名古屋本線] [東海道線・東海道新幹線・豊橋鉄道 新豊橋駅]

 
 
浜松行きの311系電車が到着しました。しばらく停車しました。

 
313系電車が停車していました。特別快速大垣行きです。

 
 
313系電車が発車しました。基本4両、増結2両の8両編成だったと思います。

 
浜松寄りエンドへ行くと、まだ浜松行きの311系電車が停車していました。

 
 
 
浜松・静岡・東京方面に向かって、EF210型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車が走っていきました。

 
豊橋鉄道新豊橋駅に1800系電車が停車しているのが見えました。

 
広告看板があってよく見えないので、回り込んでみたらまだ発車しませんでした。

東海道線のホームが結構長いです…。浜松方面のエンドはほとんど使われていない感じです…。

 
 
長いこと止まっていた311系電車が浜松方面に向かって発車して行きました。

 
浜松方面から岐阜行きの311系電車が到着しました。

 
新幹線のホームは地上にあって、しかも浜松・静岡・東京方面のホームは島式で、防音壁などがないので、東海道線のホームから新幹線の列車が見えたりします。

 
豊橋鉄道1800系電車が三河田原方面に発車しました。

 
改札内にもちゃんと新幹線への連絡通路があります。

 
 
名古屋・京都・新大阪方面に向かって700系新幹線電車が通過していきました。

 
 
浜松・静岡・東京方面に向かってN700系新幹線電車が通過していきました。

 
名古屋・京都・新大阪方面ホームに700系新幹線電車が到着しました。

 
 
 
 
 
名古屋・京都・新大阪方面ホームから発車するのを撮っていたら、浜松・静岡・東京方面の700系新幹線電車が到着しました。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

川越まつり2013(後編)

[前編] [後編]

 
県道51号線を歩いて行きます。

 
蔵作りの日本家屋だけかと思ったら、レンガ造りの教会もあります。

 
こちらは大手町の山車があるんですが、カバーがかけられたままでした…。

 
市民会館入口交差点から鐘つき通りへ入ります。

 
 
こちらが川越のシンボルのひとつ「時の鐘」。今年もまた会えました。

 
櫓をくぐった奥は薬師神社です。「時の鐘」の写真を撮ったなら、お参りをしましょう。(笑)

 
時の鐘入口交差点から県道39号線へ出ます。

 
蔵作りの家屋が建ち並んでいます。仲町交差点<=>札の辻交差点は電柱と電線は地下に隠す徹底ぶりです。

 
たぶんですが、こちらは幸町の山車。

 
獅子舞のカメラ目線!!!! …なわけはないですね…。6(^-^;;;;)

 
県道39号線を歩いて行きます。

 
たぶんですが、こちらは石田囃子連の櫓。

 
お福さんが踊っていました。

 
たぶん踊り手は女性だと思いますが、お面の下の素顔はどんな美人さんなんでしょうかね????(笑)

 
こちらは仲町の会所。

 
中には人形が1体いました。

 
 
こちらが連雀町の山車。

 
天気がよくないし、結構くたくただったので帰ることにしました。

 
川越市駅に到着。

雨が降ったために山車を引いて練り歩くところを見ることができなかったのは残念でしたが、それぞれの町内へ撤収していたためどこの町内の山車がどんなデザインや舞やお囃子なのかが逆によくわかりやすかったように思います…。というか、あとで考えてみれば、ガイドのチラシをもらえばよかったんですけどね…。結局そのチラシを川越市駅で知ったという…。6(^-^;;;;)

翌日の日曜日はさらに雨が強くて、やはり山車が練り歩くことは出来なかったでしょうね…。ちなみに交差点などで山車が鉢合わせしてお囃子合戦になると、まったく身動きが取れないくらいの混雑になります…。

来年は天気がよくなることを願います。(^-^)

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

豊橋駅(飯田線・名鉄 名古屋本線)

[改札外・豊橋鉄道 駅前電停] [飯田線・名鉄 名古屋本線] [東海道線・東海道新幹線・豊橋鉄道 新豊橋駅]

 
1200系6両編成に1800系2両が増結された8両編成が停車していました。

 
 
 
名鉄名古屋、名鉄岐阜方面に向かって発車しました。
名鉄岐阜寄りの4両は一般車で、豊橋寄りの2両は特急型というちょっと変わった編成内容です。

 
 
蒲郡・名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が発車しました。

 
 
 
飯田線の313系電車が1番線に到着しました。

 
 
車庫から213系電車が2番線に到着しました。

 
さらに奥のほうに213系電車が止まっていました。

 
 
 
 
2200系電車が到着しました。
やはり名鉄岐阜寄りの4両は一般車で、豊橋寄りの2両は特急型というちょっと変わった編成内容です。

 
豊川・新城方面に向かって313系が発車しました。

 
213系の前面は211系と同じですが、片側が2扉です。

 
飯田線のホームは1・2番線、名鉄のホームは3番線です。
赤はJRから名鉄、青は名鉄からJRへの乗換えでタッチするようです。

JR飯田線と名鉄は下地駅あたりまで相互乗り入れしていて、単線が2線ではなく複線になっています。

[東海道線・東海道新幹線・豊橋鉄道 新豊橋駅 編 につづく]
 

川越まつり2013(前編)

[前編] [後編]

 
 
川越駅東口緑地に脇田町の山車が止めてあるのですが、朝からお囃子をしていました。

 
クレアモールをガラガラで、自動車があちこち止まっています…。ちなみに川越駅に向かっての一方通行です。

 
川越駅に向かっての朝の様子。

 
同じ場所の夕方はこの混雑…。普段からこのクレアモールは混雑していますが、まつりの影響でさらに増えています…。

 
先週の本川越駅はこんな感じ。

 
同じ場所でやっぱりすごい混雑です…。まるで池袋駅か高田馬場駅か西武新宿駅のような状態…。(笑)

 
川越pepeの鉄道模型がメインのお店「ポポンデッタ」へ行ってみたら、やはりものすごい混雑でした…。

 
臨時で小さい子向けのプラレールのレイアウト(鉄道模型の「ジオラマ」のこと)がつくられていました。こどもたちは山車のお囃子合戦よりもこっちのほうが楽しいかも知れませんね…。6(^-^;;;;)

 
 
本川越駅前ロータリーからまで歩行者天国になっていました。

 
 
クレアモールを県道15号線に突き当たるまで歩いて行きます。

 
県道39号線(仲町交差点<=>札の辻交差点)のように町並みがすべてが蔵作りというほどではないですが、一部旧家が残っているところがあります。

 
 
 
 
雨が強くなってきて合羽を準備しているときに、1台の山車が通り過ぎていきました。

 
松江町交差点で県道15号線から県道51号線方面に歩いて行きます。

 
さきほど見た山車がしまいこまれていました。ちなみにここは松江町。どうやら撤収するために移動していたんですね…。昔からの木造の山車なので長時間雨にさらしてしまうと傷むんでしょうね…。

[後編 につづく]
 

豊橋駅(改札外・豊橋鉄道 駅前電停)

[改札外・豊橋鉄道 駅前電停] [飯田線・名鉄 名古屋本線] [東海道線・東海道新幹線・豊橋鉄道 新豊橋駅]

豊橋駅は、JRと名鉄と豊橋鉄道(新豊橋駅、駅前電停)の駅です。

 
こちらは駅の西口。新幹線があるほうです。

 
新幹線と東海道線と飯田線、名鉄名古屋本線と豊橋鉄道東田本線の改札がこの通路に集まっています。

 
こちらは新幹線の改札口。

 
新幹線改札の隣にはおみやげを売っている売店があります。

 
向かいにはフォルクスワーゲンのプチショースペースがあります。

 
豊橋市のマスコットキャラクター「トヨッキー」が手筒花火を持っています。
ゆるキャラは動物系や植物系が多いようなするので、メカ系ってめずらしいような…????

 
新幹線の改札から、JR線・名鉄線の改札口までちょっと距離があります。

 
こちらがJR線・名鉄線の改札口。同じ場所にあります。

 
こちらが豊橋鉄道「新豊橋」駅への入口。駅名がちがうのに、豊橋駅と同化している感じです。

 
 
 
駅の西口へ出てきました。ここは2階なんですが噴水があったりします。

 
豊橋鉄道市内線の路面電車がやってきました。

 
1階に豊橋鉄道市内線の駅前電停があります。

 
 
 
駅前電停は単線になっています。

 
青い車両と入れ替えでやってきたのは、なんとビール電車。

沿線ウォークをやめて、そのまま乗って行きたくなりました。(笑)

[飯田線・名鉄 名古屋本線 編 につづく]
 

ウォーキングマップ更新(拝島=>武蔵五日市)

また歩いてきました。


より大きな地図で JR沿線ウォーキング_東日本08 を表示

五日市線(拝島=>武蔵五日市) 距離:13.62 km (GoogleMapより)

15km未満でしたが、疲れました…。

奥多摩方面は東京都内とは思えないほど緑が豊富です…。(笑)

そして、今週末(10/19、10/20)は川越まつりがあります。五日市線を歩いた後、川越に移動。

 
本川越pepeの鉄道模型がメインのお店「ポポンデッタ」はものすごい混雑です…。

 
臨時で小さい子向けのプラレールのレイアウト(鉄道模型の「ジオラマ」のこと)がつくられていました。こどもたちは山車のお囃子合戦よりもこっちのほうが楽しいかも知れませんね…。6(^-^;;;;)

 
途中から雨が降ってしまいました…。雨が降ってしまうと山車がすべて引っ込んでしまうんですね…。山車を引っ張って練り歩かないのは残念ですが、お囃子はやっています。

 
そして、小火さわぎで消防車が出動していました…。1件だけ灯かりが消えていてビニールの屋根が一部ふにゃふにゃになっていた屋台がありましたね…。福知山の花火大会の事故から半年も経たないうちにこんな事故を起こされると、ながらケイタイや無灯火自転車や飲酒運転やブレーキなしピストバイクなどと同じく、根拠のない自信と油断によるミスを克服できない人間のダメさを感じます…。

沿線ウォークの話に戻りますが、来週以降は青梅線の予定。さらに山奥へ行くことになります。

しかし、台風27号の動きが気になります…。

ということで、また来週…。

つづく。
 

東武鉄道 川越市駅(列車後編)

[駅・列車前編] [列車後編]

 
 
 
9000系電車が到着しました。

9000系も直通対応車なので、東上線内だけでなく、東京メトロ線、東急線、横浜高速線へも行き来します。

 

急行での運行なので、坂戸・森林公園・小川町方面に向かって発車しました。

3番線には池袋行きの30000系電車が止まっています。

 
 
 
10050系4両と10030系6両の編成が到着しました。

 
同時に30000系電車も発車していました。

 
 
10000系電車が車庫へ入って、東急4000系電車が車庫からホームへ入ってきました。

 
この写真では何がなんだかよくわかりませんが、車両工場の間から、高麗川・八王子方面に川越線の205系電車が走っています。

 
 
 
 
東京メトロ10000系電車が到着しました。

東京メトロ10000系電車なので、もちろん東京メトロ線、東急線、横浜高速線へ行き来します。

 
 
 
 
和光市・池袋(地下鉄)・新宿三丁目・渋谷・武蔵小杉・横浜・元町中華街方面に向かって、東急4000系電車が発車しました。

 
東京メトロ10000系電車が車庫に入って、一時的にホームがすべて空になりました。

池袋駅から川越市駅までは電車の本数が多いので、なかなかホームがすべて空にならなかったですね…。

 
こちらは10000系の初期車。更新作業のためかわかりませんが、たまにこの車庫には車両が止まっています。


川越市駅と隣の川越駅は必ず電車が停車します。ホームで撮る場合は必ずゆっくりと走るので撮りやすいですね…。

川越駅や本川越駅と比べると、あまりにぎやかではないんですが、川越まつりのときにはやっぱり人が多いです。

そして東武鉄道と埼玉県警立会のもと、山車が本線と車庫線で複々線状態の長い踏切を渡る光景を見ることができます…。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

東武鉄道 川越市駅(駅・列車前編)

[駅・列車前編] [列車後編]

 
こちらが駅舎。

 
 
改札口には西武鉄道本川越駅への順路が掲示してあります。

 
川越市駅で改札を出てもJR川越線には乗り換えられないので、ホームからの階段、改札口の手前にはJR川越線への案内があります。

 
 
 
川越駅に向かって10030系電車が発車しました。

 
 
 
 
東急4000系電車が到着しました。

横浜高速みなとみらい線元町・中華街駅から、東急東横線、東京メトロ副都心線を経て、東武東上線川越市駅へやってきました。

 
 
 
 
川越駅に向かって50070系電車が発車しました。

50070系は直通対応車なので、東上線池袋方面だけでなく、元町・中華街方面と東京メトロ有楽町線新木場方面にも行きます。

 
 
川越駅に向かってJR205系電車が走って行くのが見えました。

[列車後編 につづく]
 

川越駅(からくり時計「こども川越まつり」)

[東口・東武東上線列車前編] [東武東上線列車後編] [西口・JR川越線編] [からくり時計「こども川越まつり」]

川越駅というよりは商業施設アトレ川越なんですが、駅に含めておきます。

東口(東武東上線側)を出て左(川越市駅・本川越駅方面)に向かっていくとすぐアトレ川越があります。

その入口のすぐ上にからくり時計があります。

 
 
 
こちらは昼の様子。

 
10:30 ~ 21:00までの間の、00分から5分間ほど動き出します。

 
 
 
こちらは夜の様子。

時間になると、必ず数十人くらいが立ち止まって見ていますね…。

この時計もなかなかいいですが、毎年10月に行われる川越まつりはもっといいですよ。v(^-^)

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

川越駅(西口・JR川越線編)

[東口・東武東上線列車前編] [東武東上線列車後編] [西口・JR川越線編] [からくり時計「こども川越まつり」]

川越線は川越駅で運行が完全に分かれています。

大宮方面は10両編成が埼京線・東京臨海高速鉄道りんかい線まで直通している都会の路線で、高麗川方面は自分で扉を開け閉めする4両編成が走るローカル線です。

ちなみにさらにややこしい話ですが、「埼京線」とは大宮駅から大崎駅までですが、正式な路線名ではなく通称です。大宮から赤羽が「東北本線」、赤羽から池袋が「赤羽線」、池袋から大崎が「山手線」です。しかし、「埼京線」のなかに「川越線」が含まれていないんですね…。

 
 
高麗川・八王子方面に向かって209系電車が走っていきました。

高麗川止まり以外に、高麗川駅から八高線に直通している列車もあります。

 
新木場方面から205系電車が到着しました。

 
 
 
 
高麗川・八王子方面から205系電車が到着しました。

同時に川越市駅から東武50000系電車が走ってきていました。

ホームには東京臨海高速鉄道70-000系電車が止まっていました。

 
 
高麗川・八王子方面に向かって205系電車が走っていきました。

 
こちらは川越駅東口。JR川越線の駅舎です。

 
ロータリーを渡る歩道橋が建設中でした。(2013/10/12時点)

 
こちらがJR川越線の改札口。

 
ホームへの階段に埼京線・東京臨海高速鉄道りんかい線へ直通する車両の写真と解説が掲示されていました。

 
こちらが高麗川・八王子方面の205系電車。

 
こちらが高麗川・八王子方面の209系電車。

 
 
 
 
東京臨海高速鉄道70-000系電車が到着しました。

E233系電車だけ撮ることができなかったんですが、東武東上線と比べてJR川越線はかなり電車の本数が少ないので、最新のE233系電車が来るまで待っていると、1日かかってしまいそうでした…。

ただ、これから徐々に205系電車からE233系電車に置き換わる方向なので、逆に205系電車は今のうちに撮っておいたほうがいいかも知れませんね…。

[からくり時計「こども川越まつり」 編 につづく]
 

川越駅(東武東上線列車後編)

[東口・東武東上線列車前編] [東武東上線列車後編] [西口・JR川越線編] [からくり時計「こども川越まつり」]

 
 
 
 
川越市から50090系電車が到着しました。そして池袋方面から50000系電車の第1編成がやってきました。

写真は窓を背にした通勤型の座席配置ですが、TJライナーか快速急行としての運行時は運行方向に向かった座席配置になります。

50000系電車の第1編成は貫通扉がなくてライトの位置が低いです。

 
 
 
 
川越市から50090系電車が到着しました。そして元町・中華街方面から東急4000系電車がやってきました。

 
 
 
川越市から東京メトロ10000系電車が到着しました。そして川越市・坂戸・森林公園・小川町方面ホームに止まっているのは30000系電車。

 
 
 
 
川越市で折り返して、元町・中華街行きとして東急4000系電車がやってきました。

 
 
元町・中華街方面に向かって東急4000系電車が発車して、池袋方面から10000系電車が到着しました。

 
 
 
川越市から8000系電車が到着しました。そして川越市・坂戸・森林公園・小川町方面ホームに止まっているのは東京メトロ10000系電車。

だいぶ新しい電車に置き換わりましたが、まだ残っています。

川越駅と隣の川越市駅は必ず電車が停車します。ホームで撮る場合は必ずゆっくりと走るので撮りやすいですね…。

[西口・JR川越線編 につづく]
 

川越駅(東口・東武東上線列車前編)

[東口・東武東上線列車前編] [東武東上線列車後編] [西口・JR川越線編] [からくり時計「こども川越まつり」]

 
こちらは川越駅東口。東武東上線の駅舎です。

 
東西連絡通路は一直線です。

 
こちらが東武東上線の改札口。

 
 
ホームのデザインに「蔵作り」が使われています。

 
 
 
 
50070系電車が到着しました。窓を見ると初期車だとわかります。

50070系は直通対応車なので、東上線池袋方面だけでなく、元町・中華街方面と東京メトロ有楽町線新木場方面にも行きます。

 
 
 
川越市駅に向かって10030系電車が発車しました。

 
 
 
50000系電車が到着しました。50000系は池袋方面専用です。窓を見ると後期車だとわかります。

50000系も50070系も、初期車と後期車で窓がちがいます。

ちなみに初期車は側面両端の窓が開閉して、それ以外は固定です。
そして後期車は側面両端の窓は固定で、それ以外は開閉します。ややこしいです…。

 
30000系電車が到着しました。

 
 
川越市駅に向かって発車しました。

[東武東上線列車後編 につづく]
 

 | HOME |  »

アイコン製作&管理

名前:やまざき

名前:やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2013-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など

FC2Ad

まとめ