FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ カプセルトイ・食玩 ミニチュア展示・撮影
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

東海道本線ウォーク(稲沢=>尾張一宮)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって左側の線路沿いを歩いていきます。

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
県道161号線をくぐります。

 
線路沿いを歩いて行きます。

 
 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって311系電車が走っていきました。

 
側道のほうへ歩いて行きます。

 
田んぼにはシラサギがいるんですが、久々に飛んでいるシラサギを撮ることができました。

 
陸橋があるあたりで名古屋駅からずっと分かれていた貨物線が東海道線に合流します。

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
田んぼの道の真ん中でシラサギがうろうろしていました。

結構警戒心が強くて、ちょっと近づくとすぐ飛び立ってしまいます…。基本ほとんど人が通らない場所と思われますが、邪魔してごめんなさい…。(笑)

 
 
 
しばらく歩いて名神高速道路をくぐります。

 
「アメリカフウ」という街路樹が植えられていたんですが、ソメイヨシノのように太い幹から小さな枝が出ていて、その葉っぱが紅葉していました…。

 
県道513号線との交差点で県道に入って線路沿いへ出ます。

 
せっかくの線路沿いでしたが、ここから高架が始まるので、その防音壁で電車が見えないんですね…。(笑)

 
途中から遊歩道があるんですが、地上を通っていた時代に線路があった場所かもしれませんね…。

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
側道の突き当たりに来ると、名鉄名古屋本線も近づいてきます。

 
名鉄一宮・名鉄岐阜方面に向かって名鉄電車が走っていきました。

 
名鉄名古屋本線の高架下の信号まで行くと名鉄尾西線の高架が見えます。

ちなみにこちらは尾西線(びさいせん)で、三河方面には名鉄の西尾線(にしおせん)という路線もあります。

 
名鉄名古屋本線の高架の柱にはこどもたちのものと思われる絵が描かれていました。

 
線路が飾られていました。

 
こちらはSLの形の遊具。

ここは梅ヶ枝公園というのですが、一宮鉄道高架事業でできた公園ですね…。公園の案内板に昭和55年の写真載っていましたが、3路線も地上踏切だとどんな激しい混雑状況だったことか…。

 
 
東海道線の高架をくぐって高架沿いを歩いて行きます。

 
合流地点から意外と距離があります。

 
 
尾張一宮駅に到着。名鉄の駅名は名鉄一宮駅です。

[尾張一宮=>(今伊勢跨線橋) 編 につづく]
 

忘年会2013(家族)

 

うちだけでクリスマスと兼ねたような忘年会はよくやっていますが、親戚まで集まってやるのは初めてです。

ちなみにこの鍋料理のお店は、自分が中学生のときの部活の後輩がやってます。(笑)

つづく。
 

愛知運転所(稲沢駅付近)

東海道線清洲駅と稲沢駅の間に愛知運転所があります。

 
 
 
 
愛知運転所に止まっていた、EF64-1000型電気機関車重連に引かれたタンク型貨物列車が名古屋方面に向かって走っていきました。

タンク型貨物列車はコンテナ貨物列車ほど長編成ではないんですが、トラックと同様に運転が難しいからでしょうか…????

ちなみにトラックの場合、液体とかを運ぶときに道が蛇行していたりすると後からくる慣性によって横転しやすいんだとか…。

 
こちらはDE10型ディーゼル機関車。全国各地の車庫の中で活躍している機関車です。

 
 
こちらはヨ8000型車掌車。JRになってからは貨物列車に車掌車が連結されていることはまずありませんね…。

最後尾に赤色の丸いプレートかテールランプを取り付けるくらいでしょうか…。

 
メンテナンス場内にも何台か機関車が止まっていました。

 
 
DE10型、DD51型、EF64-1000型、EF65-1000型、EF210型などさまざまな機関車が停車していました。

 
まだまだ車庫は続きます…。

 
こちらはEF64-1000型電気機関車。こちらは昔のカラーリングです。

 
こちらはDD51型ディーゼル機関車。こちらは貨物更新色ですね。

 
 
 
稲沢駅東西連絡橋の下にも機関車がたくさん止まっていました。

昔は操車場だったので、尾張一宮駅手前まであって、敷地の幅も広かったようなのですが、コンテナ式が普及すると車両そのものの連結解放作業は必要なくなり、そのために線路を敷く広大な土地も必要なくなったため、昔よりは規模が縮小したとは言っても、それでも歩くには侮れない広さです…。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

そうらーめん

「太陽光発電」とは一切関係がありません。(笑)

 
土曜日のお昼にラーメンを食べたのですが、急遽姉がやってきて3人前を4人で分けました。

 
普通に考えたら麺の量が少なくなるはずなんですが…。

 
なんと、夏に買っていたそうめんが足されていました。(笑)

スープは3人分を4人で分けてもそんなに薄くありませんでした。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(清洲=>稲沢)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
線路沿いへ出ます。

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
愛知運転所に向かってEF66-100型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車が走っていきました。

コンテナの積載は0でした。

 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
 
愛知運転所に向かってEF64-1000型電気機関車に引かれたホッパ型貨物列車が走っていきました。

 
中部国際空港か県営名古屋空港へ着陸すると思われる飛行機が見えました。

 
ホッパ型貨物列車がかなりノロノロと走っていたので飛行機を取ったあとでまた取れるかと思ったんですが、さすがにそこまで遅くはありませんでした…。(笑)

 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
愛知運転所の入口にかかる井之口歩道橋の上から、尾張一宮・岐阜方面に向かって走っていく313系電車が見えました。

 
左側の2線が東海道線の複線で、あとは愛知運転所の線路です。

 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
井之口歩道橋を降りて線路沿いを歩いて行きます。

 
 
名古屋駅に向かって特急ワイドビューひだ号の85系気動車が走っていきました。

 
住宅街を抜けて線路沿いへ出てきます。

 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
井之口歩道橋の手前でノロノロ走っていたホッパ型貨物列車が止まっていました。

太平洋セメントの「フライアッシュ及び炭酸カルシウム専用」と書かれていました。混ざると危険な組み合わせがあることはもちろん、互いが互いの不純物になってしまうので、液体にしても固体・粉末にしても必ず同じもの入れるようになっていますね…。

 
あいかわらず花の名前に疎いんですが、夕日に黄色やオレンジの花はきれいですね…。

 
 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
米原・京都・大阪方面に向かって特急しなの号の383系電車が走っていきました。

 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって311系電車が走っていきました。

 
県道62号線をくぐります。

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。こちらは普通電車。

 
 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって311系電車が走っていきました。

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。こちらは快速電車。

 
稲沢駅に到着。

[稲沢=>尾張一宮 編 につづく]
 

列車アップロード(JR485系電車、24系客車)

またアップロードしました。

最新アップロードの詳細はこちら
http://yamatetsu.sakura.ne.jp/

 

 

今回は列車のみで JR485系電車、24系客車です。

まだまだ単調なアップロードばかりですみませんが、引き続き沿線ウォークレポートを書きながら、少しずつアップしていきます。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(枇杷島=>清洲)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
県道67号線を歩いて行きます。

 
新川を渡ります。

 
東海交通事業城北線をくぐります。

 
 
県道67号線沿いにキリンビールの名古屋工場があります。

 
金の鯱(もちろんにせもの(笑))と一緒に記念撮影もできるようです。

 
 
さらに県道67号線を歩いて西田中交差点で左方面に進みます。

 
 
東海道線と東海道新幹線の高架をくぐります。

 
 
清洲東小学校北交差点で右方面に進んで五条川を渡ります。

 
 
 
県道127号線を歩いて、東海道新幹線と東海道線の高架をくぐります。

 
名古屋第二環状自動車道・名古屋環状2号線をくぐります。

 
 
左方面へ進んで線路沿いへ出ます。

 
 
名古屋・岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
清洲駅に到着。

[清洲=>稲沢 編 につづく]
 

京急カレンダー2014

 
なぜ、自分の勤める会社が京急からこのカレンダーをもらったのかは謎なんですが、会社で京急のカレンダーをいただきました。

 
 
書き込むスペースが少ないため「いらない」という方ばかりだったおかげで、自分がいただくことができました。

花や風景を入れて車両を撮っているのが、なかなかいいですね…。

本線と久里浜線沿線をまだ歩いていませんが、JRの幹線とか遠くて長いところがある程度済んできたら、行きたいと思います。

つづく。
 

東海道本線ウォーク((庄内川手前)=>枇杷島)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
県道67号線の下流方面は東海道線と東海道新幹線の鉄橋があります。

 
県道67号線の上流方面は名鉄線の鉄橋があります。走っているのは6500系電車か6800系電車。

 
尾張一宮・岐阜方面に向かって311系電車が走っていきました。

 
3300系2両と3500系4両の6両編成と6800系の6両編成らしき電車が鉄橋の上ですれ違っていました。

 
この県道67号線枇杷島橋には、江戸時代と思われる絵が描かれた銅版が取り付けてあります。

 
枇杷島橋を渡ると、清須市に入ります。

駅名は清“洲”駅、城名は清“洲”城なんですが、市の名前は清“須”市です。

 
さらに県道67号線を歩いていくと、西枇杷島駅前の踏切に来ます。

車道は陸橋なので、踏切は主に歩行者用ですね…。

 
こちらが名鉄西枇杷島駅。

 
 
名鉄一宮・名鉄岐阜方面に向かって名鉄1700系電車が走っていきました。

 
 
 
名古屋・知立・豊橋方面に向かって名鉄3500系電車が走って行きました。

 
さらに県道67号線を歩いて行きます。

 
枇杷島駅に到着。東海交通事業城北線の駅でもあります。

 
清須市の名所をめぐる散歩コースの紹介があります。

[枇杷島=>清洲 編 につづく]
 

東急線駅施設ガイド2013

 
今年の夏ごろに入社した方から「東急線駅施設ガイド2013」をいただきました。

 
イラストで駅構内が描かれていて、いろいろ詳しく載っています。やはり渋谷駅は複雑ですね…。

そして駅だけでなく、周辺の観光案内も載っています。

 
こちらは東横線の横浜駅、横浜高速みなとみらい線の新高島駅付近にある「原鉄道模型博物館」の紹介。

Nゲージ(1/150)やHOゲージ(1/80)なんかじゃありません!!!!
鉄道模型製作・収集家 原信太郎さん所有の、1番ゲージ(1/32)です!!!!

ちなみに1番ゲージの車両は、動力なしでも1両数十万円はしたと思います。
撮影禁止がちょっと残念ですが、1番ゲージなんか運転どころか所有もできないので、見に行ってみたいです。というか、撮影禁止なら自分はブログをサボれますし。(笑)

 
こちらは田園都市線の宮崎台駅すぐそばにある「電車とバスの博物館」の紹介。

2008年の田園都市線ウォークのときにスルーしてしまったので、いつか行ってみたいです。

2013年を今頃かよ!!!!って感じかもしれませんが、そんなにすぐガラッと変化することはないので、まだまだ使えると思います。(笑)

つづく。
 

東海道本線ウォーク(名古屋=>(庄内川手前))

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
 
名駅通りを歩いて行きます。

 
こちらはトヨタテクノミュージアム産業技術記念館。

2001年に自分が昔いた職場の方にここへ連れて行ってもらったことがあります。

自動車はもちろん、紡織の展示もあります。いや、紡織のほうがメインだったような…????

 
 
栄生駅前交差点で歩道橋を渡ります。

 
 
名古屋方面から3300系2両と3500系4両の6両編成が栄生駅に到着しました。

 
名古屋方面から6500系電車が栄生駅に到着しました。

 
 
 
 
岐阜方面に向かってEF66-100型電気機関車に引かれたホッパ型貨物列車、名古屋駅に向かって名鉄6500系電車、京都・新大阪方面に向かって700系新幹線電車が走っていきました。

 
こちらが栄生駅の出入口。

 
 
名鉄線、東海道線、東海道新幹線の高架をくぐります。

 
 
JR東海名古屋車両所の引込み線をくぐります。

車庫は少し離れた庄内川沿いにあります。

 
東海道新幹線、東海道線の高架をくぐります。

 
 
県道67号線に出て、庄内川を渡ります。

[(庄内川手前)=>枇杷島 編 につづく]
 

リモコン

 
こちらの照明器具の光の調節が効きません…。

 
 
電気屋さんに照明器具を持っていきましたが、リモコンも一緒に持って行ってしまいました。

電気屋さんからさらにメーカーまで送られてチェックしていたころにちがう照明器具のリモコンが見つかりました。

電気屋さんから連絡があって、照明器具もリモコンも問題はなかったそうです…。

 
こちらが見つかったリモコンですが、やはり操作ができなかったです。

説明書を読んでこのリモコンが電気屋さんへ持って行った照明器具のリモコンだとわかりました…。

結局このリモコンが故障していたということになりますね…。

 
ちなみに電気屋さんに持って行ったリモコンの照明器具はこの2つ。

 
つまりこのリモコンも2つあります。隣りの部屋なのでチャンネルを変えてあります。

 
 
どれも似たようなデザインですね…。

そういえば、家の中で照明器具の配置換えをしたり、リモコンをどこへしまったかも忘れてしまったりと、ややこしいことをしていました…。まるで自分が仕掛けた罠に自分がはまったような気分です…。(笑)

というか、書いていてよくわからなくなってきました…。(笑)

つづく。
 

名古屋駅(JR列車 後編)

[JR列車 前編] [JR列車 後編]
 
 
金山・高蔵寺・多治見・中津川方面に向かって313系電車が走っていきました。

望遠にしていると東海道線か中央線かわかりにくいんですが、たぶん中央線だと思います…。

 
 
 
 
 
 
回送の75系気動車と、桑名・四日市・伊勢鉄道経由で伊勢市方面に向かって発車する快速「みえ」の75系気動車。停車中のワイドビューひだ号と合わせて気動車が3編成もすべてエンジンを回していると、排ガスがものすごくてホームが昔のバスターミナルのようでしたね…。6(^-^;;;;)

 
こちらは中央線の313系電車。デザインがちょっとちがいますね。

 
 
中央線の313系と211系電車の混成編成が名古屋駅に到着しました。

 
 
 
岐阜・米原・福井・金沢・和倉温泉方面に向かって、特急しらさぎ号の683系電車が発車しました。

米原駅まで東海道線、米原駅から北陸本線、津幡駅から七尾線和倉温泉駅まで走ります。

 
こちらが特急しらさぎ号のエンブレム。683系電車はJR西日本の特急電車です。

 
こちらは特急ワイドビューしなの号の383系電車。
大阪・京都・岐阜方面からやってきました。

 
 
 
中津川・塩尻・松本・篠ノ井・長野方面に向かって発車しました。

 
こちらは東海道線の311系電車。

JR以外に近鉄、名鉄、名古屋臨海高速鉄道、名古屋市営地下鉄の名古屋駅があるのですが、なんせ日本屈指のターミナル駅のため、JRだけで精一杯でした…。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

コカ・コーラ表参道イルミネーション2013

帰りに運動のため、新宿駅まで歩いているんですが、神宮前交差点を渡るときに表参道方面に向かって街路樹がイルミネーションで装飾されていることを知り、ちょっと寄って撮ってみました。

 
渋谷駅を出発して、明治通り宮下公園交差点のちょっと先から穏田ストリートを歩いて行きます。

 
東京メトロ千代田線が地下を通る都道413号線に出ます。

 
その街路樹がイルミネーション(LED?)で飾られています。

 
街灯の柱には赤い飾りが施されていて、これ自体が光っています。

背中合わせの真ん中の隙間は、昔のビンのシルエットになっています。

 
表参道方面に向かって歩いて行きます。

 
東京メトロ表参道駅A1・A2出口付近の歩道橋の上から撮ろうと思ったら、なんと!!!!規制されていました…。

ちなみに横断歩道も真ん中で立ち止まらないように警察が見張っています…。

神宮前交差点からこの歩道橋あたりまでがイルミネーションのエリアです。

 
横断歩道を渡って、折り返します。

 
 
表参道ヒルズ同潤館のところに、1本だけ赤いライトのイルミネーションがあります。

これでコケ・コーラ…じゃなかった、コカ・コーラが提供しているイルミネーションだってことがわかりました。

ちなみにどうでもいいかも知れませんが、よく大学時代に友人たちと「I feel Coke!!!!」を「アイ フィール コケ!!!!」と言っていたもんです…。(笑)

 
表参道ヒルズの正面入口のところで記念撮影をしている方々がたくさんいました。

 
右側は表参道ヒルズ西館です。地図を見た限りではこの建物は奥が浅くて、その奥には小学校があります。

 
神宮前交差点から原宿駅まではイルミネーションがありません。

 
明治通りを歩いて新宿駅まで行こうと思っていたんですが、夜も遅いしトイレにも行きたくなってきたので、竹下通りを歩いて原宿駅へ行くことにしました。

おもしろそうな服のお店が多かったんですが、意外にも閉店時間が早かったですね…。

 
竹下通りを抜けたら、原宿駅の竹下口があります。

今年初めて見る気がしますが、毎年やられているんですかね????

たぶん、クリスマスのころまでやってると思います。

ちなみにどうでもいいかも知れませんが、東京メトロ千代田線の明治神宮前<=>表参道の沿線ウォークが成立しますよ!!!!(笑)

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

名古屋駅(JR列車 前編)

[JR列車 前編] [JR列車 後編]
 
こちらは京都・新大阪方面のN700系新幹線電車。

 
 
 
新横浜・品川・東京方面に向かってN700系新幹線電車が発車しました。

どちらもN700Aではないですね…。

 
 
京都・新大阪方面に向かって発車しました。

 
すべての電車が停車するためか、防音壁がありません。名古屋だけあってものすごく栄えています…。

 
 
 
 
特急ワイドビューひだ号の85系気動車がホームに入ってきました。

名古屋駅まで東海道線を走り、岐阜駅から高山本線を走ります。

 
N700系新幹線電車が到着しました。

 
 
 
桑名・四日市・亀山方面に向かって、211系電車が発車しました。

 
新横浜・品川・東京方面に向かってN700系新幹線電車が発車しました。

 
 
313系電車が到着しました。

[JR列車 後編 につづく]
 

たまには経済のお勉強

といっても「鉄道の経済」ですけどね。(笑)

 
こちらはNIKKEI DESIGN。上司自身が読む前に自分に貸しますと言っていただいたので、ありがたくお借りしました。

自分の鉄道オタクは、会社内でそこそこ浸透しているみたいです。これは沿線ウォークで普段からおみやげを買ってきているおかげか????(笑)

 
裏面は「ななつ星 In 九州」を牽引するDF200-7000型ディーゼル機関車の写真。DF200型の外装を「ななつ星 In 九州」にあわせたものになっています。

DF200型はディーゼルエンジンで発電してモーターを回す「電気式」の高性能ディーゼル機関車です。DF200型のほかの車両は主に北海道などの非電化区間で貨物列車を牽引しています。

ちなみに客車は
マイ77-7001(ラウンジ)
マシフ77-7002(食堂・車掌室)
マイネ77-7003(1等寝台)
マイネ77-7004(1等寝台)
マイネ77-7005(1等寝台)
マイネ77-7006(1等寝台)
マイネフ77-7007(1等寝台・車掌室)
ということで、数十年ぶりに1等客車を表す「イ」の記号が使われていますね。

ちなみにカシオペアでも「スロネ」(2等客車を表す「ロ」の記号)なので、かなり豪華なのがわかります…。

JR九州は乗客に利用してもらおうと九州新幹線開通前からソニックやゆふDXなど中も外もユニークなデザインの車体を取り入れたり、沿線の産業と手を組んで鉄道旅行やイベントの企画を立てたりと、新幹線に頼っていないところが強さのような気がします。

そしてJR東日本やJR北海道は「北斗星」や「カイオペア」、JR西日本は「トワイライトエクスプレス」に代わる豪華列車を企画しているとか…。

 
 
 
そのほかにも買った雑誌がいろいろと…。

まあべつに鉄道会社の経営者を目指そうとかそういうつもりはまったくないんですが、いわゆる鉄道誌(鉄道ファン、鉄道ピクトリアル、鉄道ジャーナルなど)よりは読んでいるかもしれませんね…。というか、鉄道経済特集はちょっと読む、鉄道誌はほとんど読まないという「どんぐりの背比べ」的なレベルですけどね…。(笑)

つづく。
 

列車・車両アップロード(東武10030系、10050系、貨物車)

またアップロードしました。

最新アップロードの詳細はこちら
http://yamatetsu.sakura.ne.jp/

 

 

今回は 東武10030系、10050系、貨物車です。

まだまだ単調なアップロードばかりですみませんが、引き続き沿線ウォークレポートを書きながら、少しずつアップしていきます。

つづく。
 

東海道本線ウォーク(尾頭橋=>名古屋)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
尾頭橋駅からそのまま線路沿いを歩いて行きます。

 
公園沿いを歩いて東海道新幹線のほうへ歩いて行きます。

 
新幹線電車がノロノロ走っています。だいぶ名古屋駅が近いですね…。

 
貨物線の踏切を渡ります。

 
東海道新幹線の高架をくぐるとプロ野球中日ドラゴンズの練習場があります。

 
東海道新幹線の高架の高架沿いを歩いて行きます。

 
 
新幹線の高架をくぐると、313系電車とEF64-1000型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車が走っているのが見えました。

 
東海道線・中央線のガードをくぐったら、名鉄線のガードもくぐります。

 
 
名鉄線の山王駅の前を通ります。

 
金山・知立・豊橋方面に向かって名鉄6800系電車が走っていきました。

 
名鉄線の高架下には絵が描かれています。

 
名駅通を歩いて行きます。

 
金山・尾張横須賀・常滑・中部国際空港方面に向かってミュースカイの名鉄2000系電車が走っていきました。

 
金山・知立・豊橋方面に向かって名鉄6500系電車が走っていきました。

 
さらに名駅通を歩いて行きます。

 
高架の壁面に絵画が描かれていました。

 
名古屋高速4号東山線をくぐります。

 
名鉄名古屋駅は地下にあるので、高架化から地下へ下がっていきます。

 
駅に近づくにつれて、だんだんと人が増えてきました。

 
名鉄百貨店には巨大な彫刻が設置されていました。

 
こちらは近鉄名古屋駅の入口。

 
こちらは名鉄名古屋駅の入口。

 
名古屋駅ロータリーの中央には巨大な彫刻があります。

しかしこれはただの彫刻ではなく、通気口のカバーかも知れませんね…。

 
そしてついに、名古屋駅に到着しました!!!!

2008年に東京駅を出発して熱海駅まで、2011年に熱海駅から再開して静岡駅まで、2013年に静岡駅から再開してとうとうここまでたどり着きました!!!! そしてレポートもほぼ同じスタイルで名古屋駅分までアップすることができました。

けど、東海道線の終点は神戸なので、さらに歩き進めて、同じスタイルでレポートをアップしていきます。

[名古屋=>(庄内川手前) 編 につづく]
 

東海道本線ウォーク(金山=>尾頭橋)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
 
金山駅から名古屋ボストン美術館沿いを通って国道19号線(伏見通)を渡ります。

 
佐屋街道を歩いて尾頭橋を渡ります。

 
堀川沿いを歩いて線路に近づいていきます。

 
金山駅に向かって名鉄電車が走っていきました。

 
尾頭橋駅に向かって313系電車が走っていきました。

 
 
金山駅に向かってJR西日本の特急しらざぎ号の683系電車が走っていきました。

ダイヤを見る限りでは名古屋止まりのはずなんですが、団体列車でしょうか????

 
線路沿いを歩いて行きます。

 
 
名古屋高速4号東海線と県道107号線の間を通ります。

 
金山駅に向かって名鉄6800系電車が走っていきました。

 
尾頭橋駅が見えてきました。名古屋<=>金山は中央線も平行して通っていますが、中央線のホームはありません。

 
尾頭橋駅に到着。

[尾頭橋=>名古屋 編 につづく]
 

東海道本線ウォーク(熱田=>金山)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
県道224号線をくぐり、再び県道226号線に出ます。

 
県道226号線から外れて、線路沿いに行きます。

 
知立・豊橋方面に向かって名鉄1200系電車が走っていきました。

 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
名古屋・名鉄岐阜方面に向かって名鉄6500系電車が走っていきました。

 
知立・豊橋方面に向かって名鉄6800系電車が走っていきました。

 
名古屋・名鉄岐阜方面に向かって名鉄5000系電車が走っていきました。

 
知立・豊橋方面に向かって名鉄6800系電車が走っていきました。

 
さらに線路沿いを歩いて行きます。

 
知立・豊橋方面に向かって名鉄1200系電車が走っていきました。

 
植え込みの花がきれいに咲いていました。

 
 
名古屋・名鉄岐阜方面に向かって名鉄1200系電車が走っていきました。

 
植え込みの花がきれいに咲いていました。

 
アサガオも咲いていました。

 
県道29号線をくぐります。

 
知立・豊橋方面に向かって6800系電車が走っていきました。

 
 
 
名古屋・名鉄岐阜方面に向かって名鉄3300系と6800系の編成が走って行き、岡崎・豊橋方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
金山橋南交差点を渡ります。

 
金山駅に到着。金山総合駅と表示されています。

 
こちらは名古屋駅に向かっての改札口ですが、名鉄とJRのホームの位置に対して、改札口の位置が逆なような…????

[金山=>尾頭橋 編 につづく]
 

熱田神宮(後編)

[前編] [後編]

 
こちらは第二鳥居。

 
 
 
第二鳥居をくぐったところにあるのは、奉納された樽酒と大楠。

 
 
熱田神宮は1900年の歴史がある神社なんですね…。ということは西暦100年ごろから…????

聖徳太子の飛鳥時代よりも前からですか…。

 
第三鳥居の手前の本宮に向かって左側にあるのは西八百万神社。
写真を撮っていませんが、鳥居手前の右側にあるのは東八百万神社。

 
第三鳥居をくぐります。

 
 
 
長床・祈祷殿では結婚式が行われていました。

見た感じ、自分よりも若そうな新郎新婦でした。お幸せに。b(^-^)

 
そしてこちらが熱田神宮の本宮です。

 
こちらは本宮と神楽殿。

 
こちらは神楽殿と斎館。

 
こちらは大幸田神社。

 
こちらは内天神社。

 
こちらは六末社。

これですべてまわりきったと思ったら、「勾玉苑」と、本宮、神楽殿、斎館の裏手の「こころの小径」に行けていませんでしたね…。

またお参りに行きます…。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

熱田神宮(前編)

[前編] [後編]

 
 
こちらは正門(南門)。大きな鳥居があります。これが第一鳥居。

地下鉄名城線伝馬町駅が近いです。

 
 
 
正門の第一鳥居手前の左側に、上知我麻神社と別宮・八剣宮があります。

 
第一鳥居をくぐって右側の小路に入ります。

 
こちらは日割御子神社。

 
こちらは孫若御子神社。

 
こちらは南新宮社。神社の中に小さな神社がたくさんあります。

 
こちらは清雷門。この一帯に楠御前社、徹社があります。

 
こちらは県道226号線に面した東門。

名鉄神宮前駅とJR熱田駅が近いです。駐車場はここが一番たくさんあるようです。

 
 
東門から、本宮までの参道に向かって歩いて行くと、能楽堂があります。

 
こちらはきよめ茶屋・休憩所。

 
 
南神池の周りを通って行きます。

 
こちらは国道19号線に面した西門。

 
 
西門から第二鳥居の前を通り過ぎると文化殿(宝物館)があります。

[後編 につづく]
 

東海道本線ウォーク(笠寺=>熱田)

JR東海道本線(JR東海エリア 豊橋<=>岐阜)の駅
豊橋=>{下地}=>西小坂井=>愛知御津=>三河大塚=>三河三谷=>蒲郡=>三河塩津=>三ヶ根=>幸田=>相見=>岡崎=>西岡崎=>安城=>三河安城=>東刈谷=>野田新町=>刈谷=>逢妻=>大府=>共和=>南大高=>大高=>笠寺=>熱田=>金山=>尾頭橋=>名古屋=>(庄内川手前)=>枇杷島=>清洲=>稲沢=>尾張一宮=>(今伊勢跨線橋)=>木曽川=>(岐南町歴史民俗資料館)=>岐阜

 
東西連絡橋をわたって西側の階段を下りて体育館の周辺を歩いて行きます。

 
線路に向かって歩いて行きます。

 
名古屋方面に向かって左側の線路沿いを歩いて行きます。

 
東海道新幹線の高架をくぐります。

 
東海道線の高架の手前に切断された高架跡があります。

 
 
山崎川を渡って川の上流に向かって川沿いを歩いて行きます。

 
 
ところどころ撤去された高架跡に沿って歩いて行きます。

地図で確認すると、この高架跡は名古屋高速鉄道のところまで続いています。

 
 
豊三丁目交差点東海通を渡って線路沿いを目指します。

 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。

 
高架をくぐって名古屋・岐阜方面に向かって右側の線路沿いを歩いて行きます。

 
名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。こちらは各駅停車。

 
 
踏切を渡って国道1号線(東海道)をくぐったところで、名古屋・岐阜方面に向かって313系電車が走っていきました。こちらは快速電車。

 
結局行き止まりでまた国道1号線(東海道)をくぐります。しかしここの高さ制限の低いこと…。

 
熱田橋を渡ります。

 
国道1号線(東海道)を歩いて行きます。

 
名鉄常滑線をくぐります。この常滑線の先が中部国際空港へ通っている名鉄空港線です。

都合よくミュースカイが走ってきた…ということはありませんでした…。(笑)

 
 
 
 
 
名古屋市営地下鉄名城線の地下通路を歩いて国道1号線と県道226号線をくぐって交差点の対角へ出ます。

 
県道226号線を歩いて行きます。

 
熱田神宮東門の前を通ります。

 
名鉄神宮前駅の前を通ります。

 
 
熱田駅に到着。

[熱田=>金山 編 につづく]
 

ウォーキングマップ更新(御嶽=>奥多摩)

また歩いてきました。


より大きな地図で JR沿線ウォーキング_東日本08 を表示

青梅線(御嶽=>奥多摩) 距離:11.97 km (GoogleMapより)

今日は第75回奥多摩渓谷駅伝競走大会が開かれた日でした。青梅線内に登山系の方々以外に、陸上競技の係員のような方々が乗っていて、東青梅駅で一斉に下りていました。後で調べたら東青梅駅付近の青梅市役所前がスタート・ゴール地点だったようです。

 
ここは古里(こり)駅前交差点付近の古里(こり)中継所。

 
こちらは奥多摩中継所。白丸駅から沿道を歩いてきましたし、なんか燃えてきますよね…。(笑)
左後方に見えているのが、奥多摩駅の駅舎です。

奥多摩駅到着後にJR東日本が運営する青梅鉄道公園に行きました。昨日の青梅=>御嶽と御岳山登頂、そして今日の御嶽=>奥多摩…。高台にある青梅鉄道公園までの上り坂の途中でかなりへろへろでした…。

 
園内は親子連れが多かったです。HOゲージ(1/80)のジオラマは大人気!!!!

 
のら園長はご不在でした…。(笑)

青梅線も無事に終点まで歩くことができました。

年内はあと1箇所いくかどうかという感じですね…。

つづく。
 

笠寺駅

 
こちらは東口。

 
新幹線の高架をくぐって階段を上がると、左側に改札口があります。

 
西口までは貨物線の線路がたくさん敷いてあるため連絡通路が長いです。

 
名古屋方面を見ると、名古屋・岐阜方面に向かって311系電車が発車しました。

 
 
静岡・東京方面に向かって700系新幹線電車が走って行きました。

 
大府方面を見るとJRのEF210型電気機関車と、名古屋臨海鉄道のDD13型ディーゼル機関車が見えました。

 
こちらは名古屋・岐阜方面に向かう313系の普通電車。2・3番線ホームは通過する列車の待避用ホームです。

 
 
 
EF200型電気機関車に引かれたコンテナ貨物列車が通過しました。

 
こちらはJR貨物のEF64-1000型電気機関車です。

 
 
岐阜・名古屋方面から311系電車が到着しました。

 
 
豊橋・岡崎方面から313系電車が到着しました。

 
 
 
名古屋・岐阜方面に向かって発車しました。

 
 
 
名古屋方面からキハ75形気動車が通過していきました。

大府駅から武豊線に入ります。武豊線は非電化区間で一部が名古屋まで直通しているため、たまにキハ75形気動車が走ります。

 
こちらはコキ71型貨物車。赤い部分は貨物車本体で青い部分が何か専用のものを運ぶために固定する器具に見えるんですが、ちょっとよくわかりませんね…。

[カテゴリ別インデックス(沿線観光・鉄道施設)へ]
 

«  | HOME | 

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2013-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など