FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ ミニチュア(製品紹介) ミニチュア(配置・撮影)
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

鉄道博物館(ヒストリーゾーン2F 鉄道歴史年表 前編)

 
ここからさらに2F西側の鉄道歴史年表の展示品を見ていきます。

 
こちらは1825年にイギリスから献上された日本で最初の鉄道模型。確か本当に蒸気機関で動く模型だと思います。

テーマパーク等で運行されるミニSLと同じですかね…。

 
こちらは初期のレールと枕木。上下が同じ形状ですり減ったらさかさまに設置しなおすことができるというレールだったか…。

現在はコンクリート製ですが、「枕木」というように木製です。

 
こちらは四谷トンネルに取り付けられた飾りの金具。1894年ごろのもののようです。同じ兜の前後ということでしょうか????

 
こちらはアプト式のラックレール。横川<=>軽井沢 で使われていたもののようです。

横川<=>軽井沢 は一番勾配がきついところがあった区間なんですが、機関車に取り付けたギアと線路の中央に設置されたラックレールをかみ合わせて上り下りさせていたんですね…。

 
国鉄は船も運行していました。こちらは宇高連絡船の模型。瀬戸大橋ができるまではこちらが活躍していました。

ちなみに青森と函館の間は青函トンネルができるまでは青函連絡船が活躍していました。

確か船の中に線路があって、貨物列車は列車ごと積み込んで対岸へ運ばれていたそうです…。

 
こちらは太平洋戦争後に焼け落ち修復され2012年10月に復元されるまでの東京駅丸の内口の駅舎の模型。

 
そしてこちらは太平洋戦争で焼け落ちる前と、2012年10月に復元された東京駅丸の内口の駅舎の模型。北側と南側の3F部分が復元されています。

 
こちらはスイテ49-02の模型。ス(37.5t以上 42.5t未満)イ(旧一等車)テ(展望車)なんですが、簡単に言うと「めちゃめちゃ高い乗車券が必要な超高級車」ということです…。

もしくは「ななつ星IN九州」の一番高い乗車券でしょうか…。

 
こちらはEF55形電気機関車の模型。2009年に高崎機関区に止まっているのを見たことがありますが、同じ車両がこの鉄道博物館に展示されているらしいです。

 
こちらは2Fヒストリーゾーン西側から見た1FヒストリーゾーンのC57。

さらに鉄道歴史年表の展示品を見ていきます。

つづく。
 
スポンサーサイト



 | HOME | 

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など