FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ ミニチュア(製品紹介) ミニチュア(配置・撮影)
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

第4回伊豆急全線ウォーク(最終日・後編)

[初日]
[2日目・前編] [2日目・中編] [2日目・後編]
[3日目・前編] [3日目・中編] [3日目・後編]
[4日目・前編] [4日目・中編] [4日目・後編]
[5日目・前編] [5日目・中編] [5日目・後編]
[最終日・前編] [最終日・後編]
[鉄道編・前編] [鉄道編・後編]

[【第3回】はこちら] [【第5回】はこちら]

●【動画】宝福寺唐人お吉記念館


●【動画】下田駅



唐人お吉記念館へ。
っと、その前に、昼食はおそらく去年と同じ店でうどんを食べて…。

●唐人お吉記念館(宝福寺)
http://www4.i-younet.ne.jp/~hofukuji/
http://www.izu.co.jp/~p-boo/okichi.html

去年はロープウェイで山に登ったら時間がなくなり行くことができませんでしたが、今年は行くことができました。

  
宝福寺は唐人お吉こと「斉藤きち」さんが眠るお寺さんです。
入り口を入って、最初の展示品がある部屋を通って外へ出ると、お吉さんの眠る墓があります。
お墓に合掌し、遺品、肖像画、映画のポスターなどの展示物を見ていきました。

お吉の人生は………

幼くして養子に出され、芸妓の修行を始め、
地震の津波で家族を失い、

開国の騒動に巻き込まれ、
恋仲の船大工「鶴松」から無理やり引き離されて…。

アメリカ総領事タウンゼント・ハリスに仕えたことで、
世間からひどい目に遭わされて…。(>_<;;;;)

商売をするも、世間に悪いうわさをたてられ、つらさから酒におぼれ…。
再開した鶴松と夫婦となるも、うまくいかず離別…。

生きる気力を徐々に失い、やがて世を捨てるようにして乞食の群れに入り、
そして嵐の夜、稲生沢川に…。

ちなみに、伊豆急全線ウォーク第14区(稲梓駅=>蓮台寺駅)で、
稲生沢川の土手にあるのが「お吉が淵」で、
その名の由来が、お吉が稲生沢川に身を投げた淵とも、遺体が行き着いた淵とも言われています。

お吉には身よりもなく、亡骸はなかなか引き取られず…。
死してもなお嫌われて…。

それを知った宝福寺の当時のご住職により、慈悲をもって受け入れ埋葬されたそうです…。

………という感じです。


帰ってきてから、ネットで調べたところ、政治家でも役人でも文化人でもないため、
あまり記録が残っておらず、言い伝えなどが多いようですね。

ただ、いろいろ調べてみてわかってきたのが、

ハリスはお吉を「妾」としてではなく、
健康を害していたので「看護人」を要求していたのですね。

その意味をまったく理解できず(それもおかしな気がしますが)「妾」と誤解した幕府の役人が、
わざわざ恋人と別れさせてまでお吉をハリスのもとに行かせたということらしいのです。

そもそもちゃんとした「看護人」としてであれば、
恋人と別れる必要もなかったはずだし、批判を浴びることもなかったかも知れないのに…。

これ以上はうまく表現できないけど、とても切ない気持ちになりました…。

ちなみにこちらはウィキペディアでの解説。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E4%BA%BA%E3%81%8A%E5%90%89

「これはぜひちゃんとした日記にしなければ!!!!」と意気込んでみたものの、
お吉の一生について考察を書いていたら、どんどん収集がつかなくなってきて、
結局一週間もまとめを悩むことに…。6(_ _;;;;)

●再び伊豆急下田駅
今年も、伊豆急下田駅の「ブジカエル」に見送られ、電車にのりました…。

●伊豆急下田駅=>うち
  
 
途中で湘南新宿ラインは線路に人が立ち入ったということで、新川崎駅手前でしばらく電車がとまりました…。6(_ _;;;;)

予定よりも少々遅れたものの、無事に帰りました。(^-^)


●完歩し終えて。
  
  
今シーズンの分もピンバッジは全て額に収めました。

ただ、ピンバッジを全て額に収めたものの、
この最終日の日記をアップし終えるまで、なんだか終わった気がせず、
やっとここで終わりのような感覚です。

残暑厳しい9月中旬から始めて、10月末までかかりました…。本当に長かった…。

「ビデオカメラで撮影しながら」という試みをしたことで、
その分の荷物が思った以上の負担になり、かなりきびしいウォーキングになりました。

また、その撮影した映像の編集がさらに負担で、さらに睡眠不足になりました…。(_ _ )zzz…
一応最後までやりきりましたがなんせ「ど素人ビデオ」で、映像としての価値はビミョウな感じですが、いい思い出になりました。

本当は4日間(伊豆まで4往復)で終わらせる予定が、伊豆熱川駅に着いたときに4日間では厳しいと感じ、
途中から伊豆急全線ウォーク以外に、いろいろ立ち寄ることに決めました。
今年見たのは
「伊豆バイオパーク」
「浅間山登山」
「みかんワイナリー」
「橋立つり橋、自然研究路散策」
「アンティークジュエリーミュージアム」
「河津バガテル公園」
「下岡蓮杖記念館(下田ロープウェイ頂上)」
「唐人お吉記念館」

と、行ったのですが、個人的にはアンティークジュエリーミュージアムは別の機会にしたほうがよくて、
浅間山登山(片瀬白田=>伊豆稲取)や橋立つり橋、自然研究路散策は、コースの延長でできるからいいと思いました。

まだこれから今シーズンの伊豆急全線ウォークに挑戦する方は、
気をつけてがんばってくださいね。b(^o^)

来年第5回が行われるのであれば、また挑戦したいですね。(^-^)

●歩行区間、距離:
・【第15区】蓮台寺-伊豆急下田(3.1km)
●実施日:2007/10/28



[鉄道編・前編へつづく…。]
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など