FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ カプセルトイ・食玩 ミニチュア展示・撮影
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

梅小路蒸気機関車館(前編)

 
門の向こうには、旧二条駅舎を利用した受付があります。

 
早速SLの動輪のモニュメントがあります。

 
こちらが券売機と受付。

 
 
駅舎内にも資料がいろいろと展示されています。

 
 
記念スタンプもあります。

 
正面出入口から受付を通り過ぎで反対側の出入口を出ると、ホームですね…。

 
通路はすだれで日陰を作っていました。

 
こちらは機関車の動輪と従輪。

 
こちらは昔の客車。説明のプレートを撮るのを忘れてしまいました…。

 
 
こちらは50系客車。客室内を見ることができます。

 
客車の間を通って転車台と扇形車庫の所へ出ます。

 
こちらが転車台(ターンテーブル)。

前後方向が決まっている蒸気機関車や運転台の位置が偏っている一部のディーゼル機関車は、終点で方向転換の必要があるためこの装置が必要になります。

電気機関車と電気式ディーゼル機関車は、電車のように両運転台が端にあるため転車の必要がなく、時代の流れとともにこの転車台もあちこちの車庫からなくなりました。

 
DE10型ディーゼル機関車が2台止まっていました。

この機関車がコンテナ貨物ターミナル内で動き回り、分離結合の操車をしているのを見ます。

ちなみに、化学系の大量の同じ液体を運ぶ場合はタンク型貨物車、同じ固体や粉末を運ぶ場合はホッパ(じょうご)型貨物車、それ以外は荷物が入ったボックスと台車の上に載ったプレートが分離するコンテナ貨物車がほとんどです。コンテナ貨物車はあまり分離結合の必要がなく、その影響で全国の操車場の廃止や縮小が可能になりました。そしてその余った広大な土地を売却して旧国鉄の借金返済にあてられました。

 
ちびっこ広場は休止中でした。

 
動くのかどうかわかりませんが、ちびっこ広場の向こう側にはSLが4台あります。

 
 
扇形車庫の1番から7番までは整備場になっています。

つづく。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など