FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ ミニチュア(製品紹介) ミニチュア(配置・撮影)
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

お彼岸ハチ退治

 
彼岸の入りの20日、家のお墓参りへ行ったら、小さい石灯籠の中にアシナガバチの巣があるらしいことが判明しました。

花を交換する母と自分の間を飛ぶのがいて、それ以外にもこの石灯籠の裏側から中へ入っていくのが見えて、表側の格子部分をよく見たら4~5匹くらい止まっていました。このときは怖すぎてその様子を撮る余裕がありませんでした…。

父が線香に火をつけてお墓に持ってきたら煙をいやがって数匹が飛び出してきました!!!! 母も墓の狭い敷地から通路に出ていたし、アシナガバチは巣に直接攻撃をしなければ襲っては来ないハチなので助かりました。

父が代表して強引にお線香を上げてましたが、とても普通にお線香を上げるどころではありませんでした。

今回が初めてかと思ったんですが、自分が知らなかっただけで、父が墓誌があるお墓に向かって右側の石灯籠には前にもハチの巣をつくられたことがあると言っていました。

 
数匹飛んでいきましたがだれも襲われることはなく、石灯籠に直接手を突っ込まないかぎりは刺されることはなさそうだし、うちのほかにも行かなければならないお墓があってとりあえずそのまま引き上げたんですが、その間にスマホで調べて巣が小さいうちは殺虫剤で駆除できるということで、ゴキジェットを持って行きました。

 
家用では距離が長いゴキジェットではぜんぜん届かず、それでホームセンターの園芸コーナーでハチ・アブ用の強力なスプレーを買いました。噴射しては逃げてということを20日夕方、21日朝、21日夕方とやりました。

お彼岸の中日ではないのでお参りに来る人が多くはないものの、どれでも必ず一組はお墓参りに来る方々がいて、全員がいなくなるタイミングが難しかったです…。そもそも墓地での殺生なので気分のいいことではないし、孤独なのは厳しかったです…。

 
スプレーをかけても反応しないことを確認して、やっと近づくことができました。やはり巣ができていました。

そろそろ巣が撤去できるかと思ったんですが、吹きかけては逃げてを繰り返していたときに大丈夫かと思ったらまだいたということもあったので、石灯籠に手を突っ込むにあたり、顔と手を覆うことにしました。

 
こちらは沿線ウォークに欠かせないあじろ傘。

 
このスカートみたいなやつは、防虫ネット。

実際に使ってみて、白いネットは見づらかったです。ただ、ハチよけと考えると白いほうがいいです。

服装は白いシャツと薄い色のカーゴパンツで行きました。

本来ならハチ用の防護服がベストなんですが、数万円はします。

 
あじろ傘の上から覆います。ネットから頭までの距離ができるのでこれでもOKかとは思いますが、本来なら、つばの広い麦わら帽子がベストですね。

 
てっぺんが破損していたので、塞いでおきました。小さい穴でも開いているとそこから入ってくる恐れがあるので…。

 
シャツの内側になるように、両腕にバンダナを巻き付けて、軍手の上からゴム手袋をしました。

ちなみに自動車工業にいたころ、工場の作業で軍手をしてさらに皮手袋をして作業していたことがあるので、分厚い手袋での作業の経験があります。

 
一応それなりの防護をして、巣を撤去しました。小さいと思ったんですが、それでも50室以上はありそうです。詳しく見ませんでしたが新しい卵もあったかも知れません…。やっぱりというか、ひとつひとつの部屋は本当に六角形です。

それと、石灯籠の下側にはたくさんのハチの死骸がありました…。ピンセットでつまみ出しましたが、気分のいいものではないですね…。

 
石灯籠の天井を見てみました。黒っぽいところがくっついていたところだと思いますが、べたっとくっついているのではなくて、キノコみたい広がる構造のようです。

 
 
ハチよけには木酢液がいいとネットで調べて、両親が園芸用に買ってあった木酢液があったので、それをお墓まで持って行きました。

 
500mlのペットボトルが入ると思ったんですが、ダメでした…。

 
 
 
改めて、背の低い容器を持って行ったら入りました。

殺虫剤を撒きすぎて、石灯籠はもちろん、墓誌と墓石の側面まで殺虫剤が付いてしまって、一応クレンザーを持って行って掃除しておいたのですが、ちゃんと落ちなかったかも知れません…。

ただ、隣や後ろはまだお墓が設置されていなかったこともあって、殺虫剤の付着はうちのお墓だけに留められたとは思います。

 
こちらはオマケ。このハチの巣は安全です。といっても新しくなったうちの車のハンドルにハニカムの格子が埋め込まれているという話です…。

結局アシナガハチ退治と、殺虫剤の掃除や、石灯籠内に木酢液の設置するなどの作業で、5連休の中3日をとられてしまいました…。

殺虫剤で自力で駆除するのは、巣に運ぶ獲物を探しに来た1匹を仕留めるもので、巣の駆除はしないほうがいいともネットで載っていました。今回は業者を呼ばすに殺虫剤で自力でなんとなりましたが、これがもしスズメバチだったらこうはいかなかったでしょうね…。

アシナガハチはこちらが攻撃しなければ襲っては来ないらしいですし、結果的には墓地での殺生なので気分のいいことではないんですが、連休最終日の23日はお彼岸の中日だったから一番お墓参りに行く人が多い日だと思うので、その前になんとか終わってよかったです。

つづく。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など