FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ ミニチュア(製品紹介) ミニチュア(配置・撮影)
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

ウォーキングマップ更新…と見せかけて、いわき旅行(後編)

 
まずは、化石の展示から。

 
イワキクジラなど大型の骨格の展示があります。中には触っていいものもあります。

 
エレベーターの扉には当時のエレベーターの様子が描かれています。

地下へ降りたところに、石炭鉱山の展示があり、等身大の人形と音声によって鉱山の様子が再現されています。

 
こちらは江戸時代(安政年間)の頃の掘削の様子。夫婦が一組で手作業で採掘に携わっていたようです。それにしても、夫婦とはいえ女性が上半身裸って、今では考えられない格好ですね…。

そういえば、NHKの朝ドラ「あまちゃん」で、ヒロインの秋ちゃんが見習いのころにベテランの海女さんに「上半身裸で潜るんだ」というようなことを言われたのを真に受けて、「オラ、自信がねぇ…。やめる…。」と言って、空の湯舟に隠れて蓋までしてしまうというようなシーンがあったのを思い出しました。(笑)

 
順路を進んで行くごとに展示物の時代が新しくなっていき、採掘が機械化されていった様子がわかります。

 
 
時代が進むにつれ、坑内に入るのは男性だけになり、女性は家事に従事するようになったようです。

過酷な上に落盤事故などで命を落とすことも多く、劣悪な労働条件のなか日本の発展のために闘った姿が伝わりました…。

 
 
 
こちらは明治30年代の湯本駅周辺の模型。常磐線のほかに、小野田炭鉱専用線という炭鉱鉄道があったり、馬に引かせる軽便鉄道があったようです。

日本は石油はほとんどなさそうですが、石炭は意外ととれました。石炭が主流だったころ、国鉄の線路から石炭鉱山へ線路が引き込まれていて、採掘した石炭を鉄道で運び出していました。

ちなみに、木材を運び出す森林鉄道も全国のあちこちにありました。

 
 
湯本駅へ戻って、電車が来るまでいわき方面のホームにある足湯に浸かって足をほぐしていました。

 
磐城平城は、17:00までで、自分が駅に到着したのが、16:50。警備員の方に、「もう終わりました。」と言われてしまいました…。

 
あまりおなかが空かず、夕食はコーンスープだけにしました。こういうときに缶入りのコーンスープは助かります。

やっと、常磐線ウォークのときに気になっていた場所に行くことができました。いわき市石炭・化石館は湯本駅から近かったし内容がかなり濃かったので今回のほうがよかったんですが、勿来の関公園はあのときついでに寄った方が楽だったかなあと思いました…。

沿線ウォークは進みませんでしたが、いろいろと勉強になりました。

つづく。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など