FC2ブログ
やまざき鉄道ひろば
[トップページ]
[地図]
[アイコン列車一覧]
[アイコン車両一覧]
[ウォークレポート]
[旅行・鉄道模型等]
[ウォークマップ]
[ブログ]
[動画トップ(別窓)]
[プロフィール]
[リンク集]
[サイトマップ]
現在地: トップページ ブログ

■カテゴリ別インデックス
ウォークレポート・ウォークマップ
沿線観光・鉄道施設
旅行・行事・親睦会
鉄道模型・鉄道グッズ
■カテゴリ別アーカイブ
鉄道ひろば情報 ウォークマップ ウォークレポート 沿線観光・沿線イベント
鉄道施設・車両・車窓 旅行・行事・親睦会 工作・DIY 創作・制作
鉄道模型・鉄道グッズ ミニチュア(製品紹介) ミニチュア(配置・撮影)
土産・名産・特産 食べ物・飲み物 雑記 あしあと帳
ブログトップ

広告
広告

いわき市石炭・化石館 ほるる(「ほるる」まで・ロビー・エントランス)

 
湯本駅を出発。

 
県道158号線を歩いて交差点に出ます。交差点には温泉のモニュメントがあります。

 
県道56号線を歩いていきます。

 
県道14号線の陸橋を歩いていきます。建て替え中ですね。この関係で現在(2015/9/27時点)では湯本駅の電車が見えません…。

 
いわき方面からE501系電車が走っていきました。

 
 
途中に休憩スペースがあって、完成予想の絵が掲載されています。

 
いわき市石炭・化石館「ほるる」に到着。

 
 
駐車場の一角に「D51型蒸気機関車(デゴイチ)」が静態保存されています。

石炭を燃やして水蒸気の力で動くし炭鉱から石炭の運搬にも活躍したので、展示は当然ですね。

ただこんな敷地の端っこじゃなくて駐車場の真ん中とかにしていただきたいものです。(笑)

それと個人的には、デゴイチ(D51型蒸気機関車)と一緒に、いろんな形式の石炭専用の貨物車も展示していただけるとよかったですが、敷地が足りないし、テーマから脱線していまいますかね…???? 6(^-^;;;;)

 
階段を上がって運転台のところまで行くことができます。

 
D51はテンダ式といって、機関車の後ろに石炭と水を載せる車両があります。

機関車本体に積んでいるのがタンク式といいます。機関車と、石炭・水が分かれているテンダ式のほうがたくさん積めます。

 
 
こんな小さな窓から前方を見ていたんですね…。窓が小さい上に前に大きな窯があるという状況で、よく前方をチェックできたもんです…。

 
こちらは「フタバスズキリュウ」の彫刻。噴水の池の中央にあります。

 
こちらは常磐炭田を発見し、近代産業の主要なエネルギーにした「石炭の父」と呼ばれる、江戸時代の商人「片寄 平蔵(かたよせ へいぞう)」の銅像。

 
出入口の左側には巨大なポスターがあります。

 
入場券を買いました。大人一枚650円(2015/9/27時点)です。

 
館内に入ります。

 
ロビー・エントランスで「フタバスズキリュウ」の骨格がお出迎えです。

つづく。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

アイコン製作&管理

名前:“徒歩鉄”やまざき

名前:“徒歩鉄”やまざき

その他もっとさらに詳しくは、
プロフィール」にて。
あと、一応「あしあと帳」も用意しました。よろしかったらどうぞ。

カレンダー

« | 2019-10 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

広告など